検索技術者検定について

検索技術者検定とは、信頼性の高い情報を入手し、企業、大学、組織等において活用することができるスキルを判定する試験です。
一般社団法人情報科学技術協会(INFOSTA)による、民間資格となっています。

レベル別に1~3級の等級が設けられており、1級を取得すると就職や転職活動において有利になるとされています。

検索技術者検定 1級の試験概要について

1級は筆記試験である1次試験と、面接による2次試験によって構成されています。
試験概要は以下の通りです。

■受験資格
以下のいずれかの試験の合格者。

・検索技術者検定 2級
・情報検索応用能力試験 2級
・データベース検索技術者認定試験 2級

■申込期限と試験日程
申込期限:9月上旬~10月末ごろ。
試験日程:1次は11月第4日曜日、2次は2月第3日曜日。

■受験地
1次:北海道、東京、名古屋、京都、大阪、福岡。
2次:東京のみとなります。

■受験料(税込)
10,000円

■合格発表日
1次:翌1月中旬ごろ。
2次:翌2月末日ごろ。

■試験範囲と難易度
情報検索やデータベース、関連分野に関する広い理解と高度な専門知識が問われます。
累計の合格率は18.4%となり、資格試験の難易度としては標準的です。

■試験対策
1級には公式テキストがありませんが。2級の公式テキストを重点的に復習すれば、合格を狙えます。

■問い合わせ
一般社団法人情報科学技術協会(INFOSTA)

〒112-0002東京都文京区小石川2-5-7 佐佐木ビル
Tel:03-3813-3791
E-Mail:shiken@infosta.or.jp

検索技術者検定 2級の試験概要について

2級は筆記試験のみとなります。
試験概要は以下の通りです。

■受験資格
特にありませんが、以下の者が主な受験対象者となります。

・企業における情報調査や企画担当者、図書館司書、大学で情報関係を履修した3・4 年等。

■申込期限と試験日程
申込期限:9月上旬~10月末ごろ。
試験日程:11月第4日曜日。

■受験地
北海道、東京、名古屋、京都、大阪、福岡。

■受験料(税込)
6,000円

■合格発表日
翌1月末ごろ。

■試験範囲と難易度
情報検索の基本的知識や応用スキル、情報の関連知識を問います。
累計の合格率は41.1%となり、資格試験の難易度としては比較的易しいレベルです。

■試験対策
最低でも過去4年間の2級過去問題を解けるようにしておきましょう。

■問い合わせ
1級の問い合わせ先と同様です。

検索技術者検定 3級の試験概要について

3級も2級と同様、筆記試験のみとなります。
試験概要は以下の通りです。

■受験資格
特にありません。

■申込期限と試験日程
申込期限:9月上旬~10月末ごろ。
試験日程:11月第4日曜日。

■受験地
北海道、東京、名古屋、京都、大阪、福岡。

■受験料(税込)
4,000円

■合格発表日
12月末ごろ。

■試験範囲と難易度
情報調査のリテラシー能力を問う試験となり、2・1級への入門的な位置づけとされています。
累計の合格率は79.6%となり、資格試験の難易度としては比較的易しいレベルです。

■試験対策
『情報検索の知識と技術 基礎編』 『情報検索の知識と技術 応用編』 の内容から主に出題されます。

■問い合わせ
1級の問い合わせ先と同様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です