暗算検定試験について

暗算検定試験とは、勉強や日常生活に役立つ暗算能力の向上を目的とした検定試験です。なお全国珠算教育連盟による民間資格となっています。 学生の受験者が目立つほか、近年では記憶力や集中力を鍛えるトレーニングとして社会人が挑戦するケースもみられます。この資格だけで就職や転職を狙うことは難しいですが、暗算の能力は仕事以外の場面でも役立つことが多いので、こういった面から取得してみるのも良いでしょう。

暗算検定試験は、準初段~十段から成る「段位試験」と1級~10級の等級から成る「級位試験」によって構成されています。

暗算検定試験の受験要項について

■受験資格
学歴、年齢、性別、国籍など特に制限はありません。

■試験日程と申込期間
段位の場合は1・3・5・7・9・11月の年6回実施されています。
1~10級は年12回、毎月の実施です。

申込期間に関しては地域ごとに異なるので、最寄りの支部にお問い合わせください。
なお最寄りの支部は実施先ホームページの「支部・事務局一覧」ページでご覧いただけます。
下記の参考URLよりご確認ください。

参考:http://www.soroban.or.jp/about/shibu/

■受験料(税込)
段位:1,600円
1級~3級:各1,000円
4級~6級:各900円
7級~10級:各600円

■受験地
全国各地の連盟が指定する会場になります。

■合格発表日
実施先までご確認ください。

■お問い合わせ
公益社団法人 全国珠算教育連盟
〒601-8438
京都市南区西九条東比永城町28
TEL:075-681-1234
FAX:075-681-8897

東京事務所はこちら。
〒110-0004
東京都台東区下谷2丁目17-4
TEL:03-3875-6636(代表)

宮城県支部はこちら。
〒984-0061
仙台市若林区南鍛冶町125-1
TEL:022-227-6636

愛媛県支部はこちら。
〒794-0055
今治市中日吉町1丁目7-8
TEL:0898-25-0577

長崎県支部はこちら。
〒850-0048
長崎市上銭座町7-22
TEL:095-846-9147

暗算検定試験の試験内容について

暗算検定試験の試験は1種目3分間で行われます。受験する等級や段位によって出題される種目が異なります。詳細は以下の通りです。

■段位(準初段~十段)
・乗暗算(かけ暗算)
・除暗算(わり暗算)
・見取暗算
・小数入り問題の出題

■1級~3級
・乗暗算(かけ暗算)
・除暗算(わり暗算)
・見取暗算

■4級~6級
・乗暗算(かけ暗算)
・除暗算(わり暗算)
・見取暗算

■7級
・乗暗算(かけ暗算)
・見取暗算

■8級~10級
・見取暗算(見取暗算A・Bの2種類となります)

暗算検定試験の合格基準について

暗算検定試験の段位や級位ごとの合格基準は以下の通りです。

■段位
3種目とも70点以上取得すると準初段となります。それ以後は、点数によって段位が上がります。
最高段位の十段位の場合は、190点以上必要です。なお1種目200点満点となっています。

■1級~6級
3種目とも70点以上が合格の条件となります。なお1種目100点満点です。

■7級~10級
2種目とも70点以上が合格の条件となります。なお1種目100点満点です。

合格率は、段位の場合は40%程度、1級の場合は60%台半ばほどとなっています。
資格試験としての難易度は、比較的易しいレベルといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です