日本茶・お茶資格人気ランキング

おちゃ

日本茶は日本だけでなく、健康志向のアメリカでも人気のお茶になっています。
茶葉に合ったおいしい淹れ方を理解し、味の違いがわかることで、大人としてワンランクアップする事ができます。

同じ緑茶でも淹れ方や栽培方法などによって味が違ってくる、とても奥が深い飲み物です。
そんな日本茶の資格とはどのようなものがあるのでしょうか?

≪1位 日本茶セレクター≫

日本茶の歴史や、茶葉の知識、栽培や収穫方法、茶摘みの時期と新茶などの種類、などの知識を持っているということを証明できる資格です。

日本茶の製方や値段の相場、良質なお茶の見分け方、日本茶の淹れ方の基本・注意点を理解することで、講師としてだけでなく、プライベートでも一流のおもてなしをする事ができるようになります。
日本茶資格の日本茶セレクターはこちら
JSFCA日本安全食料料理協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、在宅受験なので自宅にいながら受ける事ができるのも、忙しい方にも人気の資格となっています。

≪2位 緑茶インストラクター≫

茶葉によっての美味しい淹れ方や、茶器の種類、各地の有名なお茶などの基本的な知識だけでなく、日本茶の歴史や茶道具の種類や知識、日本茶を使ったレシピなど、日本茶の1歩踏み込んだ知識を必要とする資格です。

お茶を淹れるだけでなく、食と関連させる知識を得ることで、人とは違った方向からも日本茶を広める事ができるのではないでしょうか。
緑茶資格の緑茶インストラクターはこちら
JIA日本インストラクター技術協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、こちらも在宅受験なので自宅にいながら受ける事ができるというのも嬉しいですね。

≪3位 日本茶アドバイザー≫

NPO法人日本茶インストラクター協会が認定する資格で、実技講習会の参加(10,000円)が受験資格となりますので、講習の参加を忘れずに受けるようにしてください。(受験料10,800円)

日本茶アドバイザーは、消費者の日本茶に関する指導・助言や、日本茶インストラクターのアシスタントとして、初級指導者というポジションで活躍する事ができます。

資格取得後は販売店や日本茶教室のアシスタント、イベントなどでの案内役など、多岐にわたります。

≪4位 日本茶インストラクター≫

こちらもNPO法人日本茶インストラクター協会が認定する資格で、実技講習会の参加(10,000円)が受験資格となりますので、講習の参加を忘れずに受けるようにしてください。(受験料10,800円)

日本茶インストラクターは、日本茶の全てにわたる知識・技術を、消費者や日本茶アドバイザーに指導することのできる資格です。

こちらの資格取得後は、講師として活躍ができるので、指導者として活動したい人におすすめの資格です。

 ≪5位 日本茶スペシャリスト≫

日本人にとって欠かせない日本茶の、製造工程・茶葉の分類・おいしい淹れ方をマスターした、日本茶のプロを日本茶スペシャリストと呼びます。
資格を取得するにあたって、講座に受験料が含まれており、3万円前後で受ける事ができます。

専門的な知識を学ぶことで、日本だけでなく海外の方たちとも交流する事ができたり、自宅でサロンを開業したりするなど、幅広く活躍する場が期待されます。

《まとめ》

日本茶には煎茶・玉露・抹茶・煎茶・茎茶・など、まだまだたくさんの種類が存在します。
それぞれに風味の特徴や淹れ方などが違い、その違いが判る大人はやはり魅力的ではないでしょうか。

最近では日本茶・お茶専門のカフェやショップもあり、専門店の店員として、開業者として働く事ができます。
趣味として楽しむのもよし!講師や消費者へアドバイスするのもよし!自分のライフスタイルに合わせた働き方を選択できる仕事ではないでしょうか。

日本茶の魅力を多くの人に知ってもらえるように、ぜひ、資格を取得していただきたいですね。
日本茶・お茶  日本茶・お茶