日本茶セレクター認定試験口コミ評判

おちゃ

日本茶セレクター認定試験では、日本茶全般についての知識を問われます。日本茶にも多くの種類があり、しかも同じお茶であっても蒸らす時間を変えることで、その味わいは変わります。認定試験での勉強では、このような日本茶の知識を身に付け、その後、日本茶を飲むときにはそれまでとは違う味わいを得ることができます。

日本茶セレクターとは

日本安全食料料理協会が認定をしている日本茶セレクターは、日本茶の歴史や茶葉の知識、栽培したり収穫したりする方法、一番茶や二番茶などの種類などについて知識を持っている方が取得できる資格です。さらに、日本茶の製法や値段の相場、良いお茶を見分けるためのコツ、淹れ方や留意点ということも学びます。

高齢になった今

『高齢が近づきますと、日本茶がほんとうに美味しく、その味わいに興味がわいてくるものです。そんな時、インターネットでお茶に関してのページを見ているときに、日本茶セレクターという資格があることがわかりました。日本茶は、その味と同じように知識もかなり深いものがあります。ですから、資格取得できた今、いろいろな場面でいただく日本茶の味わい方が変わりました。知識を持って飲む日本茶は、より美味しいということです。』

お客さまに喜んでいただくために

『私は、お茶やコーヒー、紅茶を扱うお店に勤めています。店主に「昔はお茶屋さんとして単独でお店を出していたのだけれども、日本茶だけの販売では成り立たなくなった」と言われています。そんな中、私は「日本茶のよさ」を学んでみたいと思うようになり、資格で日本安全食料料理協会の日本茶セレクターというものがあることを知り、通信教育で勉強をしました。
日本茶資格の日本茶セレクターはこちら

勉強をする中で心に残っていることがあります。日本茶を淹れるのに適した水質や蒸らす時間です。特に、より美味しい日本茶をいただくための水というものがあることです。このような日本茶の知識を徹底的に勉強して資格を取りました。日本茶の奥深さを感じながら日本人に生まれたことを幸せに思いました。

今ではお客さまに、私が学んだ日本茶の知識を広めています。多少なりとも売り上げアップに貢献しているのです。お客さまが「今までは、スーパーで買っていたけど、このお店のような専門店で買うほうが美味しいし、あなたがいろいろと教えてくれるので、よけいに美味しく感じるわ。」とおっしゃってくださり、たいへん嬉しいです。日本茶のよさを1人でも多くのお客さまに知ってもらえるようがんばりたいです。』

講師活動をして

『子どもも大きくなり、パートやアルバイトでもしようかなと思っているときに、副業に生かすことができるという、日本安全食料料理協会の日本茶セレクターの資格取得のことを知りました。受験申し込みや受験が在宅でできるというメリットもありましたので、パートをしながらでも勉強できるということで学び始めました。

良いお茶の選定の仕方、いろいろなお茶の種類の味や特徴などを学び、資格取得することができました。取得後はパートをやめて日本茶というものの良さを実感し、講師をしています。講師活動をしていますと「いかに日本茶が日本人に愛されているか」が分かりました。たくさんの方が関心を持って私の話を聞いてくださり、「家で実践しています」という声をたくさんいただいています。』

人にお茶を出す機会が多い

『私は、会社や自宅で、お客さまにお茶を出すことが多いのですが、日本茶を淹れることの難しさを日々感じていました。趣味としても日本安全食料料理協会の日本茶セレクターの資格を取得することができるということを知り、正しい淹れ方や蒸らす時間などを学ぶことを決心しました。

通信教育で学んだのですが、「日本茶は何とも奥深い!」というのが私の印象です。「このお茶、美味しいね。」や「香りがいい!」などの言葉をいただきますと、細かいところまで学んだ甲斐があったと思います。私自身も自分で淹れていただくのですが、以前より美味しく淹れることができるようになったと実感しています。』
日本茶・お茶  日本茶・お茶