日本安全食料料理協会の口コミと評判

日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会とは、食品や料理の技術と理解、食育などの知識やスキルが一定水準以上あるかどうかを確認し、認定する団体です。高いスキルを有する食育者を認定する事で、社会において食習慣の向上や、用途や目的に応じた食文化の活用を行えるようにすることを目的としています。

近年、我が国ではコンビニエンスストアやチェーン店が多くなりました。それは人々のニーズに応えた結果です。弁当やパンなどの他、コーヒー・紅茶・ワインなどの嗜好品が手軽に手に入るようになった一方、それらの専門店も林立しています。より自分好みのものを求め、専門店に出向く人も多いのです。そこで、専門店では専門知識を有する人材の確保が必要となるのです。

日本安全食料料理協会では、そのような食品に関する専門家を認定しています。口コミや評判でも、「自分の知識を資格という形で証明でき、自信が持てました。」「趣味でしていたことを仕事に繋げることができました。」など高い評価を得ています。

日本安全食料料理協会が認定する資格

日本安全食料料理協会では、主にコーヒー、紅茶、ワイン、ハーブ、薬膳、漢方、スパイス香辛料の専門知識の認定を行っています。コーヒーや紅茶はアドバイザー・ソムリエとマイスターの2種類の資格があります。アドバイザー・ソムリエはコーヒー豆や茶葉に関する知識、おいしい入れ方などが中心です。マイスターはカフェオーナーとしての知識や実務の理解などを中心としています。どちらも専門店や飲食店などで勤務するのに非常に有効な資格です。マイスターはカフェオーナーとして開業したり、講師として活躍できる資格です。コーヒーチェーンの中には、コーヒーアドバイザー・ソムリエ資格の取得を推奨している所もあるようです。

また、ワインコンシェルジュは、ソムリエを目指す人の登竜門的試験となっています。その他、薬膳調整師や漢方コーディネーター、食用オイルソムリエ、べジスイーツマイスターなども健康に関心の高い人々から非常に人気があります。

口コミや評判でも、「飲食店のウェイターとして働いていましたが、ワインコンシェルジュを取得し、お客様から食事に合うワインの相談も受けられるようになりました。」「カフェで勤務しながら、コーヒーソムリエと紅茶アドバイザーの両方を取得しました。将来は自分で開業することを目指しています。」と、資格を取ることで、今までの仕事に更にやりがいを感じたという声も多数寄せられています。

また、調理師やシェフ、パティシエ、職人など、既に飲食関係の仕事をしている人が、合わせて取得するパターンも多くなってきています。自分の作る料理やお菓子に合う飲み物などを選べる知識を身に付け、総合的にプロデュースする傾向が強くなってきました。

資格認定試験は在宅で受けられる

日本安全食料料理協会の資格認定試験は、全て自宅で受けることが可能です。そのため、忙しい社会人や子育て中の主婦、就職活動中の学生まで様々な人が、全国各地で受験できます。認定試験は、協会のホームページから申し込みをし、試験問題と解答用紙を受け取ります。受験料は郵送物を受け取る際に代金引換で支払う事ができるため、銀行振込などの手間もかかりません。試験は定められた期限内に行い、解答用紙を返送して完了です。試験の結果も比較的早く分かります。

認定試験に合格すると認定証の発行も可能です。取得した資格は履歴書などにも記載できます。口コミや評判でも、「試験会場まで出向く手間もなく、自宅で好きな時に受験でき、忙しい主婦にはとても便利でした。」「資格認定証を発行でき、資格の証明ができるので安心です。」と満足の声が届いています。

みなさんも食のプロフェッショナルを目指してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です