日本ハーブ検定について

日本ハーブ検定とは、NPO法人日本ハーブ振興協会による民間資格の検定試験です。主な受験対象者はハーブ初心者となり、ハーブを身近に感じ、自分自身の生活に活かすための初歩的な知識を身につけることを目的として実施されています。ハーブに興味を持ち始め、気軽に体系的な知識を身につけたいと考えている人にピッタリの資格です。

初心者向けの資格なので、ビジネスにつなげることは難しいですが、ここで身につけた知識や技能にさらに磨きをかけ、日本ハーブ振興協会によるさまざまな認定資格制度に挑戦して上位資格を取得すれば、ハーブショップやサロンで働くことも可能です。こうした上位資格の取得者の中には、サロンやスクールを自分で開く人もいます。

日本ハーブ検定の資格取得までの道のりについて

日本ハーブ検定の資格を取得するには、まず検定試験を受験し、合格しなければなりません。合格者は実施先に登録手続きを行います。主な手続きの内容は、年間登録料振り込みと、登録申込書の提出です。

登録手続きを行うことで資格登録が完了し、はじめて日本ハーブ検定合格の資格を取得したことを証明できるようになります。

日本ハーブ検定の応募要項について

日本ハーブ検定の試験時期や受験料といった概要は、以下の通りです。

■受験資格
特に制限はありません。どなたでも受験できます。

■試験時期
例年3月、7月、11月ごろに実施しています。

■申し込み方法
実施先ホームページから願書をダウンロードするか、実施先による「公開試験スケジュール」の申し込みフォームから手続きを行ってください。

■受験地
東京、大阪

■受験料
5,000円

■そのほかの費用
年間登録料:3,000円
※入会金は必要ありません。

■合格発表日
実施先へお問い合わせください。

■問い合わせ
NPO法人日本ハーブ振興協会
〒170-0013東京都豊島区東池袋2-23-2UBG東池袋ビル4F
TEL:0120-802-459
FAX:0120-936-110
e-mail:info@npo-nha.jp
ハーブ資格のメディカルハーブカウンセラーはこちら
ハーブ資格のハーブライフインストラクターはこちら

日本ハーブ検定の試験内容について

日本ハーブ検定は、学科試験のみの実施となります。問題形式は四者択一で、出題数は35問です。また試験時間は45分となります。出題範囲は以下の通りです。
※出題範囲は受験年度によって変更されることがあります。受験の際には細心のガイドラインをご確認ください。

■出題範囲
1)ハーブとは何か
2)ハーブの歴史

3)10類のハーブの基礎知識
10種類のハーブとは、ジャーマン・カモミール、ローズレッド、ペパーミント、ローズマリー、セージ、レモンバーム、ハイビスカス、ラベンダー、ローズヒップ、レモングラスとなります。

4)ハーブティーの基礎知識
・ハーブティーの概要
・ハーブティーの美味しい入れ方(道具、手順、飲み方など)

5)ハーブの活用法
・料理で使われるハーブについて
( ブーケガルニ、エルブドプロバンス、サラダに使うハーブなど)

・ハーブの育て方
( 乾燥を好むハーブ、湿気を好むハーブなど)

・アロマテラピーとしてのハーブ
(先述10の種類のハーブのうち、精油として用いられるハーブや精油についての基礎知識が問われます)
ハーブハーブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です