日曜大工スペシャリストの口コミと評判まとめ

日曜大工スペシャリストの口コミと評判をご紹介しています。
日曜大工スペシャリストはDIYが趣味、好きという方に対して、是非資格として形にして頂きたいというのが趣旨です。
日曜大工入門編としてもおすすめしやすい資格になっていますので、初めて日曜大工スペシャリストの資格を知ったという方も、是非チェックしてみてください。

日曜大工スペシャリストとは?

日曜大工スペシャリストとは、日本デザインプランナー協会が認定試験を行っている資格の一種になります。
最近は日曜大工講座の動画やSNS情報が人気を集めていますが、本当のプロを名乗れる方はまだまだ少ないのが現状。
そうした状況の中で、間違いなく知識と技術を持っている人であると認定してくれるのが、日曜大工スペシャリストという資格なのです。
日曜大工スペシャリストの試験を受ける際には、日曜大工の工具だけではなく、床材の種類や壁紙の貼り方等にも精通している必要があります。
一歩進んだ日曜大工ではなく、あくまでもスペシャリストとしての能力が問われる事になりますので、自分が得意な作業だけではなく、日曜大工全般に関する知識を養っていく必要があるのです。

日曜大工スペシャリストの口コミ情報

日曜大工スペシャリストの口コミと評判を詳しく解説していきます。
日曜大工技術はDIYという言葉と共に、広く普及してきていますが、実際の日曜大工スペシャリストの認定試験では、より深い部分まで理解と応用が求められる事になります。
日曜大工スペシャリストの試験を受ける予定の方は、必ず目を通しておいてください。
日曜大工資格の日曜大工スペシャリストはこちら
まず日曜大工スペシャリストは道具の知識から覚えるのが基本だと言われています。
DIYは身近な存在で、普段からよく日曜大工道具を使う。
でも工具の名称はよく知らない。
口コミでもインパクトレンチやエンドミルといった普段よく目にするけど、正式名称がわからないという方も少なくありませんでした。

ちなみに試験ではウォーターポンププライヤ、エンピカッタ、シクネスゲージ、スクレーパといった用途の多い道具を正しく使える知識が必要になってきます。

 

また日曜大工スペシャリストの試験では、作成する家具の知識も必要になります。

どの角度から入れ込むと壊れやすい。

順序としてどの材質から手を加えていけば、安全に壊さず製作できるのか。

等など、普段行っている作業から一歩踏み込んで、説明できる能力が求められる事に。

一見すると難しそうに見えますが、基本に忠実で勉強をしていれば回答がしやすいという点を評価している声も実際には多いです。

 

そして日曜大工スペシャリストが就職に有利だという評判も数多く存在しています。

日曜大工スペシャリストの資格を持っている従業員の方が、ホームセンターで指導をしてくれる場面も増えてきました。

こうした状況を鑑みて、最近は求人情報に日曜大工やDIYの資格を保有している方優遇という書き方をしているケースも少なくありません。

 

日曜大工スペシャリストになるためには

日曜大工スペシャリストになるには、日本デザインプランナー協会が行っている認定試験に合格する必要があります。

インターネットから申し込みをする事が可能で、受験料は10,000円。

在宅受験になっていますので、気軽に応募する事が可能です。
DIY  DIY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です