日商ビジネス英語検定について

日商ビジネス英語検定とは、グローバルに活躍する人材に求められる英語でのビジネスコミュニケーション能力を審査するための検定試験です。ライティングスキルを重視する傾向があり、英語力のほか貿易実務も問われます。国際ビジネスで活躍したい人には実務に直結する知識が得られる有効な資格です。

なお日商ビジネス英語検定には1級~3級の等級が設けられています。いずれの場合も受験資格に制限はありません。

【お問い合わせ】
検定情報ダイヤル
TEL:03-5777-860
※受付時間は8:00~22:00(年中無休)

日商ビジネス英語検定1級について

1級では、海外取引の豊富な実務経験や英語による十分なビジネスコミュニケーション能力が求められます。市況レポートに基づく状況分析、契約書の作成、プレゼンテーションやネゴシエーションの方法などが出題されるのが特徴です。

■試験日程(年1回実施)
10月第1日曜日および2月第3日曜日
※試験開始時刻は試験会場によって異なります

■受験料(税込)
7,200円

■試験方法
試験会場のパソコンから試験の自動実行プログラムおよび試験問題をダウンロードして実施します。作成した答案はインターネットを介して日商に送信します。

■合否発表
日商による中央採点終了後、通知されます。

■出題形式
記述式が中心で、ほかに英文書作成、英文解釈、分析記述などで出題されます。

■試験時間
90分

■合格基準
70点以上

■試験内容
・企業で日常的に使用する英語のビジネス文書(計画書や企画書、報告書、履歴書、電子メールなど)の作成
・貿易のほか英語による海外取引全般など

日商ビジネス英語検定2級について

2級では、主に就職前あるいは就職後1~2年以内に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーション能力が問われます。

■試験日程
試験会場によって異なります。

■受験料(税込)
5,140円

■試験方法
試験会場のパソコンから試験の自動実行プログラムおよび試験問題をダウンロードして実施します。

■合否発表
即時発表

■出題形式
択一式・記述式

■試験時間
40分

■合格基準
70点以上

■試験内容
・海外企業や外資系企業との取引で実際に使われている英文電子メール、英文レター、企画書や報告書の作成
・国際マーケティングに関する知識

日商ビジネス英語検定3級について

3級では、主に就職前に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力が問われます。

■試験日程
試験会場によって異なります。

■受験料(税込)
4,120円

■試験方法
試験会場のパソコンから試験の自動実行プログラムおよび試験問題をダウンロードして実施します。

■合否発表
即時発表

■出題形式
択一式・記述式

■試験時間
30分

■合格基準
70点以上

■試験内容
・英文レターライティングの基礎
・英文ビジネスEメールの基礎
・英文ビジネスレター・FAXとEメールサンプル
・ビジネス英会話の基礎
・海外取引の基礎
・海外取引のレターサンプル

■参考資料
1. 世界のおもな通貨
2. アメリカ合衆国の州名
3. 世界の国々との時差
4. 政府関係機関の英文名
5. メートル法とアメリカの度量衡
6. 世界のおもな港と空港
7. 国際ビジネスの情報源リスト
8. 海外取引で使われるおもな用語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です