文化庁発掘調査研究職員について

文化庁発掘調査研究職員とは国家資格のひとつであり、平城京趾や飛鳥・藤原宮趾といった歴史的価値のある遺跡の発掘調査や研究などを行うための資格です。近年では考古学をはじめとした歴史に興味を持つ人が増えており、こうした人を対象とする文化庁発掘調査研究職員による講座も人気を集めています。給与をはじめとした待遇は、国家公務員Ⅰ種とほぼ同等です。

ただしこの資格試験は毎年実施されているわけではなく、欠員が出たときにしか行われません。国家資格の試験としてはそれほど難易度が高くないとされておりますが、こうした事情から採用に至るまでは狭き門だといわれています。しかし、歴史に関する研究職や発掘作業で食べていきたいという人はとても多く、また文化庁に関わる仕事がしたいという人も多いため、人気の高い資格となっています。

文化庁発掘調査研究職員の応募要項について

文化庁発掘調査研究職員の試験の受験資格は、受験する年の4月1日の時点で22歳以上34歳未満の者になります。そのほか試験の申し込みに関する詳細は、以下の通りです。

■申込期限と試験日程
試験日程は1次試験が6月中旬ごろ、2次試験が8月中旬ごろとされています。
申込期間に関しては、実施の際に確認が必要です。

■受験料
実施の際に確認が必要です。

■受験地
奈良

■合格発表日
実施の際に確認が必要です。

■資格や試験に関するお問い合わせ
独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所

〒630-8002
奈良県奈良市二条町2-9-1
TEL:0742-30-6733
FAX:0742-30-6730

文化庁や奈良文化財研究所のホームページにて最新情報を常に確認しておくことも、お勧めします。
奈良文化財研究所のホームページは、こちらからご覧になれます。

文化庁のホームページは、こちらからご覧になれます。

文化庁発掘調査研究職員の試験内容について

文化庁発掘調査研究職員の採用試験は1次試験と2次試験によって構成されています。
また考古学と日本古代学によって、内容が少し異なりますのでご注意ください。
それぞれの詳細は、以下の通りです。

【考古学】
■1次試験
記述式による専門試験・・考古学に関する知識を問います。
実技による専門試験・・・遺跡の実測を行います。
外国語試験・・・英語の和訳を行います。

■2次試験
面接試験・・・個別面接を行います。

【日本古代学】
■1次試験
記述式による専門試験(詳細は不明)
実技による専門試験・・・史料釈読を行います。
外国語試験・・・英語の和訳を行います。

■2次試験
面接試験・・・個別面接を行います。

文化庁発掘調査研究職員の試験対策について

歴史や考古学に関する知識だけでなく、歴史建造物の取り扱いに関する知識が必要です。
試験対策用の参考書や問題集も販売していますので、これらで出題傾向を把握しながら、発掘のノウハウについても学んでおきましょう。
自学学習が苦手な人は、試験対策を行ってくれるスクールに通うのもお勧めです。

実施が不定期な試験ですが、文化庁発掘調査研究職員の年代層を幅広くするため新規で職員を募集する場合もあります。数少ないチャンスを生かせるよう、常に技能を磨くことは行っておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です