敬語力検定とは

敬語力検定とは、NPO法人 日本サービスマナー協会による民間資格の検定試験です。この検定試験は、現在の敬語力を確認するとともに、正しい敬語表現を身につけることを目的として実施されています。

敬語には、敬意を表す表現である「尊敬語」と、先の人物を立てて述べる「謙譲語」、相手に対して丁寧に述べる表現である「丁寧語」の3区分があります。これらの言葉を適切に使うことで相手との立場や年齢の違いを埋め、コミュニケーションを円滑にすることができます。つねに相手や場面を配慮した表現なので、ビジネスシーンはもちろんのこと日常生活でも役立つスキルです。

この資格だけで就職や転職を狙うことは難しいですが、接客や営業などコミュニケーションが重要となる仕事に就いている人には、勉強になることが多いでしょう。また面接を控えた受験生や就活生にも言葉遣いを改めて見直す良いきっかけになります。

敬語力検定の受験要項について

敬語力検定は受験資格に制限がないので、どなたでも受験することができます。また、インターネットによる試験なので、受験する時間帯や場所を問いません。申し込みも、随時受け付けています。

■受験料(税込)
2,000円
※3回受験は6,000円、5回受験は9,000円となります。

■合格発表
試験終了後、即時。
合格証明書は賞状タイプとカードタイプのセットがあり、税込み2,100円で発行することができます。

■動作環境
【対応OS】
Microsoft Windows XP
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 8
MacOSX以上

【対応ブラウザ】
Microsoft Internet Explorer 6以上(win)
FireFox (Win,Mac)
Google Chrome(Win,Mac)
Apple Safari(Win,Mac)
JavaScript、Cookie必須

【CPU】
CPU Pentium III 1GHz 同等品以上

【Flash Player】
MacromediaR Flash Player 8以上

【メモリー】
メモリー 512MB以上
【画面解像度】
1024×768 以上

【そのほか】
・インターネット接続
・ブロードバンド推奨
・iphoneをはじめとしたスマートフォンやタブレットでは正常に受検できません。
・コンテンツの推奨環境が影響します。コンテンツの推奨環境も合わせてご確認ください。

敬語力検定の試験内容・等級について

受験申し込み後、受験料の納入が確認できた時点で1週間以内にIDとパスワードが送られてきます。
試験はIDとパスワードを入力することで受けることができます。なお受験可能期間を過ぎると受験ができなくなります。

試験の制限時間は30分で、出題数は100問です。試験内容は、尊敬語、謙譲語、丁寧語それぞれから出題されます。試験開始後にバッテリー切れなどによるトラブルがあった場合、再受験ができなくなるのでご注意ください。

合格の判定は点数によって行います。得点によって1級~4級の等級に認定されます。
各級の合格基準となる得点は、以下の通りです。

1級:86点~100点
準1級:71点~85点
2級:56点~70点
3級:41点~55点
4級:21点~40点
認定無し:0点~20点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です