排水管清掃作業従事者研修について

排水管清掃作業従事者研修とは、ビルメンテナンス業務に関連する技術者資格認定制度のひとつです。この認定制度にはビルメンテナンス業務における指導者を目指す資格や技能を証明する資格などがありますが、排水管清掃作業従事者研修は、業務に従事するための基礎を身につけることを目的とした資格と位置付けられています。

排水管清掃作業従事者研修は、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)」における、建築物排水管清掃業(6号登録)の登録要件として定められた「排水管清掃作業従事者研修」として、建築物衛生法施行規則第28条の4に基づき実施されます。

なお実施先となる公益社団法人全国ビルメンテナンス協会は、厚生労働大臣登録機関です。

排水管清掃作業従事者研修の応募要項について

■受講資格
特に制限はありません。

■申し込み方法
FAX、あるいは実施先団体へ持参して申し込む方法があります。申込時には、専用の申込書をダウンロードして必要事項を記入してください。

→ダウンロードは、こちらから。

■開催時期と申込期間
開催時期は、受講地によって異なりますが、おおむね4月~9月に実施されることが多いようです。時間帯は9:30~17:00の予定です。

開催時期の違いに伴い、申込期間も受講地によって異なります。詳細は、希望する地域の実施先へお問い合わせください。

■受験料
13,371円
※テキスト代は含まれていません。
※手数料は受講者の負担となります。

積算根拠
人件費(計:7,509円)
講師・関係者旅費謝金:5,256円
打合会議の講師・関係者旅費:2,253円
物件費(計:5,863円)
研修会場費:4,104円
教材等印刷費:586円
消耗品費:1,173円
合計 13,371円

■合格発表日
実施先までご確認ください。
研修の全カリキュラム修了者には、実施先から資格取得を証明する「修了証書」が発行されます。

■お問い合わせ
専用お問い合わせフォームは、こちら
あわせて「よくあるご質問」もご確認ください。

排水管清掃作業従事者研修の受講内容について

排水管清掃作業従事者研修のカリキュラム内容は、以下の予定となっています。なお研修は1日で終了します。詳細は、受講する地域の実施先へお問い合わせください。

■カリキュラム内容(予定)
建築物衛生法と関係法令:60分
排水設備概論:60分
点検診断・検査:90分
排水設備の清掃方法:150分
業務管理一般論:60分

排水管清掃作業従事者研修の開催地について

排水管清掃作業従事者研修の開催地には、以下のような場所があります。

・北海道ビルメンテナンス会館
・ビルメンテナンス会館(東京)
・新潟日報メディアシップ・ナレッジルーム
・愛知県産業労働センター
・新清風ビル(大阪)
・いわて県民情報交流センター

いずれの場合も受付窓口や申込先は東京の全国ビルメンテナンス協会となります。連絡先は以下の通りです。

公益社団法人全国ビルメンテナンス協会
東京都荒川区西日暮里5-12-5ビルメンテナンス会館5F
TEL:03-3805-7560

こちらの地区以外でも実施先以外の厚生労働大臣登録機関による研修が実施されています。詳細は、上記のお問い合わせ先でご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です