手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

子供の幼稚園のために、お弁当カバーや手芸バックを作ってあげたい。大切な人に手作りの帽子や手袋を編んであげたい。そんなことを、思ったことはありませんか。

しかし何から始めていいのかわからなかったり、途中で投げ出しそうになったり、知識がないと困ることはたくさんあります。

手芸アドバイザーの資格は、趣味を上達させて身近な人に喜んでもらいたいという方から、手芸を仕事にしたい方まで、どんな方でも目指すことができる認定資格です。

日本生活環境支援協会は、そのような生活における技術の水準向上を目的とした認定資格試験を行っています。

手芸アドバイザーの魅力

たとえば趣味でも、資格を取得すると作業の効率がよくなったり、自信を持つことができるようになったり、同じ趣味を持つ仲間にアドバイスすることができるようになったり、ライフスタイルが明るくなります。

手芸アドバイザーになると、買っていた既製品を持つことから、自身で作るオリジナルを持つことが多くなるという変化も大きいと思います。

日本生活環境支援協会主催の手芸アドバイザー認定試験は、二カ月に一度行われていますので、実力を認識するために受験するというのも、素人から玄人になるきっかけの一つにもなります。

試験の概要

日本生活環境支援協会の認定試験は、自宅での受験になります。在宅受験という方法は新しい形ですが、全国どこにいても移動時間がないので、誰でも気軽に受験することができます。会場までの道に迷う心配もありませんし、慣れない場所に緊張することもありません。申し込み方法は、インターネットからになります。

受験料は、消費税込みで10,000円です。

認定試験は二カ月に一度の間隔で開催されているので、都合に応じて計画を立てることができます。

試験の内容

クラフト製作でよく使用する糸の種類や見分け方、使い方の知識。革や用具の基礎知識、ステッチのかけ方、革のお手入れ方法について。ハンドメイド作品の販売についての知識などが必要になってきます。
手芸資格の手芸アドバイザーはこちら
通信講座を受講するとスムーズかもしれません。参考書などを見て、自分で勉強することも十分に可能ですが、努力と工夫は必要です。

合格の基準

全体の70%以上の評価を得て、合格となります。最短で、資格取得のための勉強を始めてから2カ月で合格した方もいらっしゃいます。

合格すると、資格認定証を発行することができるので、モチベーションアップにもつながりますね。

手芸アドバイザーとして活躍する

手芸アドバイザー認定試験に合格した後は、カルチャースクールや地域の教室で講師として活動される方が多くいらっしゃいます。中には自分の教室を開設される方もいらっしゃいます。手芸の専門店や洋裁店で働く方もいらっしゃいます。

働くという視点以外では、展示会に作品を出展したり、イベントなどに出品したり、コミュニティーセンターなどで、同じ趣味を持つ仲間を増やし情報交換などの交流を通じて輪を広げている方もたくさんいらっしゃいます。

家族や身近な大切な人の誕生日に、手作りのアクセサリーや小物を制作して、贈り物として渡し喜ばれているということも、もちろん多いと思います。

世界にたった一つの、心のこもった作品、すてきですね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です