手相鑑定士認定試験口コミ評判

手相鑑定

日本インストラクター協会が認定する手相鑑定士認定試験は、占いの一つの手相について、実際に人の手相を占うために知識やスキルを身に付けているかが問われます。手の平にある線をみると、相談者さんの運勢を中心に、健康状態や恋愛などについて判断できるのです。若い人から高齢の方まで幅広い年齢の方が相談されています。

まずは家族、友人のために

『私は趣味の一環として、日本インストラクター協会の手相鑑定士の資格を取得しました。街の片隅での占いコーナーを見ますと、ほんとうに多くの占いの種類があるなあと思っていたものです。手相についてはもともと興味があり、何回か占ってもらったこともありました。
そんな私に、手相鑑定士認定試験の存在を知らせてくれたのは、ある日出会った手相鑑定士さんです。その方に占っていただいた後にお時間をいただいて、手相鑑定士という資格のことを聞かせてもらったのです。一番心に残っていることは、コミュニケーションが一番大切だということです。
その言葉が私にやる気を与えてくださいました。もともと人と話すことが好きで、人のためになることうをするのも好きな方でしたので、「手相について勉強してみようか」と思ったのです。今資格を取得して、家族や友人のために占っています。これから、占い師として多くの人のためにアドバイスをしてあげられればという思いです。』

人のためになる仕事

手相に関して詳しい知識を持っている人は、他の資格に比べて少ないです。しかし、働き口といいますと、占いコーナーなどでの開業や雑誌などで特集として取り上げてもらうなどのライター活動などに絞られているのです。でもこの方のように人のためになる仕事としてがんばっていこうというかたもおられるのですね。
手相資格の手相鑑定士はこちら

講師をしてやりがいが

『私は日本インストラクター協会の手相鑑定士の資格取得をすることができました。手相に興味があって、ぜひ極めようと思ったからです。実は、私は地域でボランティア活動をしているのですが、会合で手相の話になったときに、手相鑑定士の資格を持っている私に「ぜひ講師をして欲しい」という依頼があったのです。

当日は、地域の会館で講演を行ったのですが、30人ほどの部屋がいっぱいになるほどの盛況ぶりでした。講演では私が学んだ手相というものについての概要をお話しました。でもやはり皆さんが期待されていたのは、その後に行った「個別占い会」でした。前もって申し込みを受け付けて行ったのですが、申し込みが多すぎて困りました。

今3回目の講演会が終わったところです。手相占いというと、多くの人が半信半疑ですが、私の講演会に来られた方は積極的でした。「占っていただいて決心がつきました。転職という転機でしたが、今とても楽しく働いています。」「恋愛というのは相手があることでなかなか思うようにいきませんでしたが、アドバイスを受けて時期を待つようにしました。」という感想をいただき、嬉しく思っています。』

手相鑑定士になるために

日本インストラクター協会は、生活や趣味のスキルアップを考える人や指導できるようになりたい人に資格取得のための認定試験を実施しています。申し込みや受験が、在宅で、インターネットで行うことができるというメリットがあり、多くの人が資格を取得しています。どの資格でも独学で学ぶ方法もありますが、手相鑑定士の勉強をしたい方は、「手相占い」のコースを設けた通信講座スクールもありますので、そちらで勉強した方が早く確実に身につくと思います。

占い師は甘くないが

『日本インストラクター協会の手相鑑定士の資格は大変役に立つと思っている一人です。手相にたいへん興味があって副業として活用しようと資格を取得したのです。しかし、現実的には場所探しがたいへんでした。そんな折、知り合いで、タロット占いをされている方から「私がいる占いコーナーの一角が空いたので手続きをして始めてみたら」と声をかけていただいたのです。

しかし、初めは手相占い師としてうまくいきませんでした。開店休業の状態だったのです。そこで、紹介でプロの方の弟子入りをしました。一人前の占い師になるための一番の近道だと思いました。その後、そばで見せていただいたり、指導していただいたりしながら、今ではようやく相談者の方が訪れてくれるようになりました。』
手相資格  手相資格