所得税法能力検定試験について

所得税法能力検定試験とは、源泉徴収や確定申告の基本的な考え方や確定申告、税務署への提出書類作成といった所得税にかんする知識や計算のスキルを判定する検定試験です。「公益社団法人 全国経理教育協会」による民間資格となっており、新社会人や個人事業主を中心にニーズが高まっています。資格取得者の中には経理部門や財務部門で勤務する人もみられます。

所得税法能力検定試験には1~3級の等級がありますが、就職や転職で履歴書に書く場合は2級以上の合格が求められるでしょう。

所得税法能力検定試験1級について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年2回実施)
試験日程:10月下旬ごろ
申込期間:9月上旬~下旬ごろ

試験日程:翌2月下旬ごろ
申込期間:12月上旬~翌1月下旬ごろ

■受験料(税込)
2,700円

■合格発表日
試験日の約1週間後

■試験時間
1時間30分

■合格率
近年は80~90%台を推移しています。

■試験範囲(法令等)
所得税法、同施行令、同施行規則、租税特別措置法、同施行令およびこれらに関する通達並びに国税通則法。

■試験範囲(その他)
・用語の定義
・所得の帰属に関する通則
・納税地
・各種所得の計算
・収入金額及び必要経費
・所得控除
・税額の計算
・変動所得又は臨時所得の平均課税
・税額控除
・申告、納付、還付等
・復興特別所得税
・青色申告
・その他の特例
・源泉徴収

所得税法能力検定試験2級について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年2回実施)
試験日程:10月下旬ごろ
申込期間:9月上旬~下旬ごろ

試験日程:翌2月下旬ごろ
申込期間:12月上旬~翌1月下旬ごろ

■受験料(税込)
2,200円

■合格発表日
試験日の約1週間後

■試験時間
60分

■合格率
近年は80%台を推移しています。

■試験範囲(法令等)
3級に掲げた法令のほか原則として所得税法施行規則および基本通達のうち一般的なもの。

■試験範囲(その他)
・用語の定義
・非課税所得と免税所得
・各種所得の計算
・収入金額及び必要経費
・所得控除
・税額の計算
・変動所得又は臨時所得の平均課税
・税額控除
・申告、納付、還付等
・復興特別所得税
・青色申告
・その他の特例
・源泉徴収

所得税法能力検定試験3級について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年2回実施)
試験日程:10月下旬ごろ
申込期間:9月上旬~下旬ごろ

試験日程:翌2月下旬ごろ
申込期間:12月上旬~翌1月下旬ごろ

■受験料(税込)
1,800円

■合格発表日
試験日の約1週間後

■試験時間
60分

■合格率
近年は60%台を推移しています。

■試験範囲(法令等)
原則として所得税法、同施行令および租税特別措置法のうち一般的なもの、基本通達のうち初歩的なもの。

■試験範囲(その他)
・用語の定義
・納税義務
・非課税所得と免税所得
・納税地
・各種所得の計算
・収入金額及び必要経費
・所得控除
・税額の計算
・申告、納付、還付等
・青色申告
・源泉徴収

■受験地
実施先が指定する全国の専門学校

■お問い合わせ
公益社団法人全国経理学校協会
TEL:03-3918-6133

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です