建設業経理検定について

建設業経理検定とは、一般財団法人建設業振興基金による民間資格の検定試験です。この検定試験では、建設業経理に関する経理事務処理の知識及び処理能力、経営の改善の能力を客観的に判定します。1級~4級の等級が設けられており、1級と2級の合格者には「建設業経理士」の称号が与えられます。3級と4級の合格者には、「建設業経理事務士」の称号が与えられます。

資格取得者の主な活躍の場は、建築業界です。就職対策として取得するほか、実務経験がある人がスキル向上のために取得するのも有効です。主な仕事内容は、建設業簿記や建設業原価計算および会計学、そして建設業の決算等に関する実務となります。なお、いずれの等級も受験資格に制限はありません。

建設業経理検定 1級(建設業経理士)について

■試験日程と申込期間(年2回実施)
試験日程:3月中旬ごろ
申込期間:11月中旬~12月下旬ごろ

試験日程:9月中旬ごろ
申込期間:6月上~下旬ごろ

■受験料(税込)
3科目受験の場合:13,680円
2科目受験の場合:10,600円
1科目受験の場合:7,410円

■受験地
全国の47か所にある会場

■合格発表日
試験日の約2か月後

■お問い合わせ
一般財団法人建設業振興基金試験研修本部
TEL:03-5473-4581

■試験概要
全部で3科目あります。
出題数:各5題
試験時間:各90分

【試験科目】
・財務諸表
・財務分析
・原価計算

■合格基準
各科目共通で満点中、70%以上の正答率が合格の目安となります。

■免除について
合格通知書の交付日を基準日として、それ以後5年の間に行われる試験の合格科目は免除となります。
また、期間中に全ての科目を合格することで「1級建設業経理士」合格となります。

建設業経理検定 2級(建設業経理士)について

■試験日程と申込期間(年2回実施)
試験日程:3月中旬ごろ
申込期間:11月中旬~12月下旬ごろ

試験日程:9月中旬ごろ
申込期間:6月上~下旬ごろ

■受験料(税込)
6,280円
3級との併願(同日受験):11,530円

■受験地
全国の47か所にある会場

■合格発表日
試験日の約2か月後

■お問い合わせ
1級のこちらの項をご参考ください。

■出題区分
・簿記、会計の基礎
・建設業簿記や会計の基礎
・完成工事高の計算
・原価計算の基礎

・建設工事の原価計算
・材料費の計算
・労務費の計算
・外注費の計算
・経費の計算
・工事間接費(現場共通費)の意義と配賦

・工事原価の部門別計算
・工事別原価計算
・取引の処理
・決算
・個人の会計

・会社の会計
・計算書類と財務諸表
・本支店会計

■合格基準
満点中、70%以上の正答率が合格の目安となります。

建設業経理検定 3~4級(建設業経理事務士)について

■試験日程と申込期間(年1回実施)
試験日程:3月中旬ごろ
申込期間:11月上~下旬ごろ

■受験料(税込)
3級:5,250円
4級:4,220円
2級・3級の併願(同日受験):11,530円
3級・4級の併願(同日受験):9,470円

■受験地
全国の47か所にある会場

■合格発表日
試験日の約2か月後

■お問い合わせ
1級のこちらの項をご参考ください。

■試験内容
【3級】
・建設業簿記
・原価計算

【4級】
・簿記の仕組み

■合格基準
満点中、70%以上の正答率が合格の目安となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です