建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ評判

建築模型とは、建物の図面を立体的にして、よりリアルな完成図を想像できるための手段の一つです。個人で家やマンションを建てる際にも、その過程においてとても重要になってきます。

建物は、完成してから簡単に交換できるものではありませんし、人生においてはとても高価な買い物であり、休日や生活を快適に過ごす空間でもあります。

自分や家族の希望を叶えたいですよね。

建築模型技工士インストラクターは、そのような建築模型を作る人を育てることができ、模型を作成する能力だけでなく、次代につながる方を指導することができるようになる、日本インストラクター技術協会主催の資格です。

人に教えることができる能力というのは、自分でかなり奥深く理解していないと難しいことです。この認定試験によって、それを証明することができるので、自分の自信にもつながります。

日本インストラクター技術協会とは

教える力を中心とした技術のスキルが、一定の水準以上であることを認定する協会です。

それぞれのスキルを利用する企業や現場において、要求される基本的な技術を十分理解した上で、用途や目的に応じて、技術を有効に活用することができる人材の育成を目的としています。現時点では23の種類の資格があり、個性を活かせる現代的なスキルを身に着けたい方にはとても魅力的です。
建築模型士資格の建築模型技工士インストラクターはこちら
認定試験はどれも、年6回行われていて、インターネットから申し込み、自宅で受験することができるので、忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすい試験となっています。

また、試験会場までの移動時間がないので試験の時間だけ確保すればいいというのもスムーズです。自宅という慣れた場所での受験は、緊張することも少なく、努力した力が十分に発揮できることや、安心して受験できることも、魅力です。

受験料は、税込み10,000円です。

そして、合格すると、合格証、合格者認定カードを発行することもできます。

合格を目で見て感じることができるので、モチベーションアップにもつながりそうですね。

合格するために

建築模型技工士インストラクター認定試験に合格するには、スタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、展示模型、体験模型、比較模型、原寸模型の基本的な技術が必要になってきます。そしてさらに、実務で活かせるレベルまで技術を磨くと認定されます。

建築事務所や設計事務所で働きながら認定試験を目指す方が多いようですが、合格の基準は70%以上なので、自宅や通信教育を利用して勉強することで合格を目指すことも十分に可能といえます。努力次第ですが、最短で2カ月で取得することができます。

およそ2カ月一度、試験が行われていますので、自分の持っている仕事や、生活の状況に合わせて勉強できるというのも魅力の一つですね。

合格後の活躍の道

日本インストラクター技術協会認定の資格は、合格すると様々なところでの活躍が期待されます。講師として建築模型について教えることができるのはもちろんのこと、建築模型技工士として設計事務所や建築に関わりながら、講師活動をすることもできます。

自身で設計事務所を開業される方もいるようです。

様々な方向での可能性を、自分で探して選んでいくことができます。
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です