建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

納得のいく自宅を建てたくないですか。担当メーカーだけでなく自分が中心となって家作りをすすめるには、知識がなければいけません。

そんな方におすすめしたいのは、日本インストラクター技術協会が主催している建築材料インストラクター認定試験です。

将来家を建てたいと考えている方もおすすめです。またすでに、建築関係の企業や設計事務所、工務店で働いている方やインテリアや空間デザインの仕事に就いている方、そのような業界への就職を希望している方にもおすすめです。

日本インストラクター技術協会の認定試験は、技術や能力が一定以上の水準を満たしていることを、証明する資格です。社会に通用するスキルを身につけることで、就職活動に自信をもってすすむことができたり、企業からの信頼を得ることに有利に働くことがあるかもしれません。

資格認定試験

建築情報インストラクター認定試験をはじめ、日本インストラクター技術協会の認定試験は2ヶ月に1回、年に6回、実施されています。

在宅受験形式ですので、忙しい方でも予定を合わせやすいですね。

申し込み後、受験票や試験問題、解答用紙が自宅に届きます。税込10,000円の受験料は、受け取り時に代金引換で支払います。

試験日は、試験期間内から都合の良い日を選ぶことができます。

申し込みは、インターネットから行います。受験資格は特にありません。

試験内容として学んでおくべきこと

構造用材、内外装仕上げ材、性能維持材の種類と用途について。さらに素材の加工や性質、役割などに関する知識を人に指導できるレベルまで身に付けていることを問われます。
材料資格の建築材料インストラクターはこちら
資格取得に向けた通信講座があるので、受講して学ぶことをおすすめします。計画を立てて、自分のライフスタイルに合わせた方法で勉強を進めていくと、充実した資格取得ライフが送れるのではないでしょうか。

また、補足として日本生活環境支援協会が認定している住まいアドバイザーの資格と一緒に取得できる講座もあるようですので、さらにスキルアップを目指す方には、二つ同時に受講することもおすすめです。

合格基準

建築情報インストラクター認定試験は、70%以上が合格の基準となっています。

合格すると、試験の1ヵ月後に合格通知が届きます。嬉しい瞬間ですね。

在宅受験ですから、しっかり準備をして、落ち着いて受験すれば、十分合格できるでしょう。

また、合格認定証と認定カードを有料で発行することもできます。人に見せる場合には、合格通知よりも認定証の方がオススメです。それぞれ税込み5,500円です。

資材や材料に特化した建築材料インストラクター

習得した知識を活かして、自分や兄弟、両親など、とても身近な人が家を建てるときには必ず役に立てることができるでしょう。

建築材料や資材を取り扱う販売店や業者で働くこともできます。お客様にわかりやすく説明したり、選び方の正しいアドバイスができるので、喜ばれることは間違いないですね。

材木の知識を活かして、手作り家具を製作したり、工作教室や材木についての講座を開き講師として活動することができます。建築関係に就職を希望している人に教えることもできます。

知っておくと便利なこと、役に立つときはきっとあります。正しい知識を資格として身に付けておくことで、将来納得のいく素敵な家を建てたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です