建築士(一級建築士・二級建築士・木造建築士)の資格試験について

建築士とは、一級建築士、二級建築士及び木造建築士の総称です。
建築物の設計や工事監理等を行う技術を持つことを証明する国家資格となります。

建築士の業務は主に3つです。
ひとつは「設計業務」。基本設計や実施設計などを行います。
ふたつ目は「工事監理業務」。建築主や現場管理とは異なる第3者の立場で、設計図書の通りに実施されているかを確認します。
そして3つ目は「手続きに関する業務」です。設計前の調査、企画や建築工事契約に関する手続きを行います。

資格取得後は建築事務所への就職が一般的ですが、開業独立も可能です。
ただし建築士として独立するには、技術力のみならず営業力や人柄も求められるでしょう。

3つの建築士の違いについて

一級建築士と二級建築士では扱える建築物の規模などに違いがあります。
なお、3つの建築士の違いは以下の通りです。

[一級建築士] ・国土交通大臣の免許を受け、設計・工事監理等の業務を行うことができる。
・学校や病院、劇場、映画館などの公共施設で、500m²以上の面積がある建築物を扱うことができる。
・木造建築物または建築の部分で、高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるものを扱うことができる。
・鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、面積が延べ300m²・高さ13m・あるいは軒の高さが9mを超えるものを扱うことができる。
・面積が延べ1000m²を超え、なおかつ階数が2階以上の建築物を扱うことができる。

[二級建築士] ・都道府県知事の免許を受けて、二級建築士の名称を用いて、設計・工事監理等の業務を行うことができる。
・学校や病院、劇場、映画館などの公共施設で、500m²未満の面積がある建築物を扱うことができる。
・木造建築物または建築の部分で、高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるないものを扱うことができる。
・鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、面積が延べ30~300m²・高さ13m・あるいは軒の高さが9m以内のものを扱うことができる。
・面積が延べ100m²を超え、なおかつ階数が3階以上の建築物を扱うことができる。
(木造の建築物では、面積延べ300m²まで可能)

[木造建築士] ・都道府県知事の免許を受け、木造の建築物に関する設計、工事監理等の業務を行うことができる。
・延べ面積が300m²以内、かつ2階以下のものを設計、工事監理ができる。

建築士の資格試験の概要について

建築士の種類によって受験資格や受験料、試験に徹底なども異なります。

■受験資格

[一級建築士] ・二級建築士として建設実務が通算4年以上。
・建築設備士として建築にかかわる実務経験が4年以上。
・国土交通大臣が指定する建築に関する科目を修めて卒業後、所定の実務経験を持つ者。

[二級建築士・木造建築士] ・国土交通大臣が指定する建築に関する科目を修めて卒業後、所定の実務経験を持つ者
・建築実務の経験7年以上がある。
・建築設備士の有資格者。

■申込期限と試験日程

[一級建築士] 申込期限:インターネットは4月中旬~下旬ごろ。郵送は5月上旬~中旬ごろ。
試験日程:学科は7月下旬ごろ。設計製図は10月中旬ごろ。

[二級建築士・木造建築士] 申込期限:インターネットは3月下旬~4月上旬ごろ。郵送は4月中旬ごろの5日間。
試験日程:学科は7月下旬ごろ。設計製図は9~10月中旬ごろ。

■受験料

[一級建築士] 19.700円
[二級建築士・木造建築士] 16.900円

■合格発表日
学科は9月中旬ごろ。設計製図は12月中旬ごろ。

建築士資格試験の科目や合格率について

■試験科目

[一級建築士] 学科試験:回答形式は四肢選択で全125問。試験時間は6時間30分。
合格基準は125点満点中、87~97点以上の得点が目安となります。

・建築計画
・建築積算等
・環境工学
・建築設備(設備機器の概要含む)
・建築法規等
・建築力学
・建築一般構造、建築材料等
・建築施工等

設計製図:1課題。試験時間は6時間30分。

事前の公示課題で設計製図を行います。
合格基準は一級建築士に必要な、基本的かつ総括的な知識及び技能を有するかどうかになります。

[二級建築士・木造建築士] 学科試験:回答方法は五肢選択で全100問。試験時間は6時間。
合格基準は100点満点中、58~69点以上の得点が目安となります。

・建築計画
・建築法規
・建築構造
・建築施工

設計製図:1課題。試験時間は5時間。

事前の公示課題で設計製図を行います。
合格基準は二級建築士、あるいは木造建築士に必要な、基本的かつ総括的な知識及び技能を有するかどうかになります。

■合格率と難易度

一級建築士の合格率は、およそ12.6%。
二級建築士の合格率は、およそ24.3%。
木造建築士の合格率は、およそ40%となっています。

一級建築士の難易度は比較的高いですが、二級・木造建築士の難易度は標準的となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です