幼児食資格人気ランキング

幼児食

乳幼児にとって食事とは、食べ物の味を覚えたり、食習慣の基本を作ったりと大切な時間です。
そんな子ども達の健康を守るためにも、幼児食の知識を学んでみるのはいかかでしょう?
これから子育てをする人にも、孫が生まれる人にも、保育所で働いている人にも、様々な場面で役に立つ資格だと思います。

《1位 幼児食マイスター》

離乳食から幼児食に変える時期や、幼児食に向いている食材など、子どもの成長に合わせた食事方法や栄養バランスを考えた献立を作る事ができる資格です。
子どもの身体の作りを理解した上で、脳・神経細胞・骨・筋肉などの成長を意識した食事や、じんましんなどの皮膚への症状を起こすアナフィラキシー症状の予防・対策を身に付けるなど、適切な対処を求められます。
幼児食資格の幼児食マイスターはこちら
教育現場でも必ず食事の場面があります。きちんとした知識があることで正しい食育を子どもに提供する事ができますので、現場で働いている方にぜひとも取っていただきたい資格かと思います。

JSFCA日本安全食料料理協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、在宅受験なので自宅にいながら受ける事ができるので、忙しい方にも人気の資格となっています。

《2位 ベビーフードインストラクター》

子どもの成長に合わせた食事の知識はもちろん、季節に合わせた食事や、幼児に与えるべきおすすめの食事、イベントなどの食事を作る事ができる資格です。
幼児食資格のベビーフードインストラクターはこちら
学校給食でよく耳にした、「エネルギーとなるもの」「身体を作るもの」「身体の調子を整えるもの」の栄養バランスが含まれる献立を、幼児の体格や運動量によって食事量を考える力を求められます。

JIA日本インストラクター技術協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、こちらも在宅受験なので自宅にいながら受ける事ができるというのも嬉しいですね。

《3位 幼児食インストラクター》

成長別のレシピやアレルギー対応、幼児食の正しい知識を身に付けることのできる資格です。
離乳食より相談する場が少ない幼児食ですので、資格を持っていることで、さまざまな形で活躍する事ができますので、生きた資格と言えるでしょう。

講座などでは3か月程度で資格を取得する事ができ、在宅受験が認められているので、子育てや仕事で忙しい人にも安心して試験を受ける事ができます。(キャリアガレッジの場合36,000円)

《4位 幼児食アドバイザー》

乳児・幼児の食事作りの基本から実践、成長に合わせた対応や生活リズムのあり方など、食事を通して子どもの成長や病気への対応、栄養学などを学ぶことができ、幼児食に求められるすべてを身に付ける事ができる資格です。

講座などでは半年程度で資格を取得する事ができます。講座を終了した時点で資格を取得する事ができますので、必ず取得できるというのが安心ですね。(37,000円)

資格取得後は幼児食の開発現場や、教育現場、ボランティア活動など、幅広い場面で活躍する事ができます。

《5位 子供食育健康管理コーディネーター》

子どもの食育からスポーツ栄養学までの基本知識と技術を、提供することができる資格となっています。
具体的な食事の量や質、食事のとり方を、子どもにとって健全な状態に育成できるように、教育現場や保護者などにコーディネートする役割を担っています。

一般法人資格支援能力振興協会では、48,000円で受講する事ができ、在宅受験の場合5,000円で試験を受ける事ができますので、小さなお子さんをお持ちの方や、教育現場など仕事で忙しい方にも受けやすい試験となっています。

《まとめ》

乳幼児にとっての食事のあり方が、どれほど重要なことなのかをこれらの資格から学ぶことができます。

食事によって身体だけでなく心も成長していきますので、たくさんの子ども達が正しい食生活の中で健康的に育っていく事ができるように、ぜひとも幼児食の資格取得を目指してください。
幼児食  幼児食