家電製品アドバイザー資格試験について

家電製品アドバイザーとは、エアコンや冷蔵庫といったさまざまな家電製品の接客・販売のプロフェッショナルのことです。顧客の希望に沿った商品の選択から、使い方やメンテナンス、不具合の対応など幅広い場面で活躍できます。お客様目線で見ても、この資格を持っている販売員による接客には安心感があると好評です。

主な就職先は、家電販売店。売り場に立つほか、ヘルプデスクでの業務に携わることもできます。エコが重視される昨今では、使われなくなった廃家電の受付業務や処理手順の知識を修得し、実践できることも求められています。

家電製品アドバイザー資格試験の概要について

家電製品アドバイザーの資格試験には、「AV情報家電」と「生活家電」の2種類があります。
どちらか一方を受験するのも、両方受験するのも可能です。
また受験資格に制限はなく、学生から社会人まで幅広い年齢層の受験生がいます。

■申込期限と試験日程
家電製品アドバイザーの資格試験は年2回行われます。

申込期限:12月上旬~1月下旬、6月上旬~7月下旬ごろ。
試験日程:3月中旬ごろ、9月中旬頃の日曜日及び水曜日。

一般財団法人家電製品協会認定センターのホームページより、受験申請を行います。
マイページを作成し、支払い等の手続きが完了すると受験票が届きます。
試験当日には受験票の所定欄に写真(縦4cm×横 3cm)を貼付の上、持参してください。

■受験料
AV情報家電・生活家電の両方を受験する場合は、12.360円。
いずれかのみを受験する場合は、6.180円となります。

■合格発表日
受験申請時に作成したマイページから確認します。
なお合格者には、資格交付日までに登録先の住所へ認定証が郵送されます。

■問い合わせ
家電製品資格受験サポートセンター
TEL:03-5209-0553(受付時間 平日10:00~18:00)
メール:nintei-info@cbt-s.com

家電製品アドバイザー資格試験の試験内容について

家電製品アドバイザーは各分野75分の試験時間で行われます。
試験内容は、AV情報家電・生活家電以ともに「商品知識・取扱」と「CS・法規」の2科目です。

「商品知識・取扱」では、対象となる家電の商品知識や取り扱い方法について出題されます。
「CS・法規」では、顧客満足に関する知識や法規に関する知識や理解度について問われます。例えば商品選びのアドバイスの仕方、お客様が商品を使い始める際のフォロー、不具合発生時の対応などです。

家電製品アドバイザーの合格基準は、両科目とも200点満点中、140点以上の得点です。
両分野とも合格率は、30%程となっています。難易度は、ほかの資格試験と比べてもやや易しいレベルです。

また、いずれかの科目が合格である場合、1年間は再受験時にその科目が免除されます。
さらに、AV情報家電・生活家電のいずれかの資格を取得している場合は、もう一方の資格試験を受験する場合「CS・法規」の科目は免除されます。

家電製品アドバイザーの資格更新について

家電製品アドバイザーの有効期間は、資格交付日から5年間となっています。
資格を更新する場合は、有効期限前に資格更新学習を実施し、課程を修了する必要があります。これらの手続きが行われなかった場合や課程を修了できなかった場合は、資格が失効されるので注意しましょう。

なお、資格更新の申請はインターネットで行います。
申請期間は決まっており、5月1日付更新の場合は前年の12月1日から当年の3月31日までの4か月間、11月1日付更新の場合は6月1日から9月30日までの4か月間の間に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です