実用英語技能検定(英検)について

実用英語技能検定(英検)とは、文部科学省認定の公的資格の検定です。レベル別に1級~5級の等級が設けられており、いずれの場合もどなたでも受験することができます。上級であれば、履歴書に記載すると自己PRとして大いに役立つ資格です。試験は6月、10月、翌1月の年3回実施されます。(2次試験はこの約1か月後に実施)受験地は全国約230都市のほか、受験する等級によってはロンドン、ニューヨークといった海外にも設けられています。

なお1次試験と2次試験が設けられている3級以上の試験では、1次試験の免除制度があります。1次試験のみ合格した場合、事前に免除申請をすれば、合格から1年間のみ1次試験が免除されます。

実用英語技能検定の3~5級について

3級は中学卒業レベル、4級は中学中級レベル、5級は中学初級レベルを目安として作成されています。基礎力定着を目的とした試験です。

■受験料
3級:3,200円
4級:2,600円
5級:2,500円

■試験内容と合格基準

【3級】※1次試験と2次試験があります

1次試験
筆記試験:試験時間40分
リスニング:試験時間約25分
2次試験
英語による面接試験:試験時間約5分

合格基準:満点中おおよそ60%以上の得点率が条件となります

【4級】
筆記試験:試験時間35分
リスニング:試験時間約25分

合格基準:満点中おおよそ60%以上の得点率が条件となります

【5級】
筆記試験:試験時間25分
リスニング:試験時間約20分

合格基準:満点中おおよそ60%以上の得点率が条件となります

実用英語技能検定の2級・準2級について

2級は高校卒業レベルを、準2級は高校中級レベルを目安に作成されています。大学入試を想定した試験であると同時に、2級は海外留学を希望する人にも腕試しに適した試験です。2級くらいからは履歴書に記載しても評価されるでしょう。

■受験料
2級:5,800円
準2級:4,500円

■試験内容と合格基準

【2級】※1次試験と2次試験があります

1次試験
筆記試験:試験時間75分
リスニング:試験時間約25分
2次試験
英語による面接試験:試験時間約7分

合格基準:満点中おおよそ60%以上の得点率が条件となります

【準2級】※1次試験と2次試験があります

1次試験
筆記試験:試験時間65分
リスニング:試験時間約25分
2次試験
英語による面接試験:試験時間約6分

合格基準:満点中おおよそ60%以上の得点率が条件となります

実用英語技能検定の1級・準1級について

1級は大学の中でも上級のレベル、準1級は大学中級レベルを目安に作成されています。ライティングのみならず、スピーチ能力など総合的なスキルが問われ、この資格を取得するレベルであれば、仕事の上でもリーダーレベルの英語力を有するとされています。

■受験料
1級:8,400円
準1級:6,900円

■試験内容と合格基準

【1級】※1次試験と2次試験があります

1次試験
筆記試験:試験時間100分
リスニング:試験時間約30分
2次試験
英語による面接試験:試験時間約10分

合格基準:満点中おおよそ70%以上の得点率が条件となります

【準1級】※1次試験と2次試験があります

1次試験
筆記試験:試験時間90分
リスニング:試験時間約25分
2次試験
英語による面接試験:試験時間約8分

合格基準:満点中おおよそ70%以上の得点率が条件となります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です