実用タイ語検定試験について

実用タイ語検定試験とは、タイ王国大使館やタイ王国領事館などの後援によって実施されている検定試験です。試験には5級~1級の等級が設けられており、タイ語の語学能力を客観的に判定することができます。社会人から学生まで幅広い受験者に支持されている検定試験です。

実用タイ語検定試験の受験要項について

■受験資格
特に制限はありません。
※小学生以下の方は必ず保護者の同意を得てから出願して下さい。

■試験日程と申込期間
試験は毎年春季と秋季の年2回実施されます。

春季試験
試験日程:6月初旬の日曜日
申込期間
通常願書:4月上旬~5月中旬ごろ
WEB願書:4月上旬~5月中旬ごろ

秋季試験
試験日程:11月初旬の日曜日
申込期間
通常願書:9月上旬~10月中旬ごろ
WEB願書:9月上旬~10月中旬ごろ

■試験時間(日本時間)と実施級

春季試験
5級:10時00分~11時10分
4級:11時50分~13時00分
3級:13時40分~14時55分
2級:15時20分~16時40分
1級:17時00分~18時25分

秋季試験
5級:10時00分~11時10分
4級:11時50分~13時00分
3級:13時40分~14時55分
準2級:15時20分~16時40分

■受験料(税込)
5級:5,300円(2,000バーツ)
4級:6,300円(2,400バーツ)
3級:7,300円(2,800バーツ)
準2級:7,800円(3,000バーツ)
2級:8,500円(3,200バーツ)
1級:9,500円(3,600バーツ)

■合格発表
試験日の約1か月後

■お問い合わせ
特定非営利活動法人 日本タイ語検定協会 事務局

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-41-12 岡埜ビル6階
TEL&FAX : 03-3207-8223
E-Mail:nihon@thaigokentei.com
※受付時間は平日12:00~22:00 土・日12:00~18:00
(臨時休日もありますのでご注意下さい)

実用タイ語検定試験1~準2級について

■1級
解答形式:記述解答方式
試験時間:筆記試験60分/リスニング約25分
二次試験:一次試験合格者のみあり(対面口述式にて約40分間)

タイ語翻訳者・タイ語通訳者として通用するレベルが求められます。

■2級
解答形式:記述解答方式
試験時間:筆記試験60分/リスニング約20分
二次試験:一次試験合格者のみあり(対面口述式にて約40分間)

社会生活を送るのに必要なタイ語を十分理解しているレベルが求められます。

■準2級
解答形式:記述解答方式
試験時間:筆記試験60分/リスニング約20分
二次試験:なし

実用タイ語検定試験3~5級について

■3級
解答形式:マークシート形式
試験時間:筆記試験60分/リスニング約15分
二次試験:なし

日常生活を送るのに必要なタイ語を十分理解できるスキルが求められます。

■4級
解答形式:マークシート形式
試験時間:筆記試験60分/リスニング約10分
二次試験:なし

初歩的なタイ語をタイ文字で理解することができ、簡単な会話が可能なレベルが求められます。

■5級
解答形式:マークシート形式
試験時間:筆記試験60分/リスニング約10分
二次試験:なし

初歩的なタイ語をカタカナ表記とローマ字発音表記で理解することができ
簡単な会話が可能なレベルが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です