子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

今回は子供心理資格で人気の資格ランキングです。
昔は近所に子育てを助けてくれる人がたくさんいたので、少なかった子育ての悩み。でも現在では子育ての悩みはもちろん、子どものいじめや引きこもり、自分の子どもとの向き合い方など相談する人が本当にいません。これらの資格はそういった人々の助けになるものばかり。是非ともあなたの働き方にあった資格や、あなたの心を豊かにしてくれる資格を探す参考にしてみてください。

1位 子ども心理インストラクター

子ども心理インストラクターとは、

・子どもの心の成長や心の発達
・子どもと家族との関係
・子どもと社会との関係

など、子どもの人格成長や性格の形成に対して、学んだ知識から適切なアドバイスやカウンセリングができることを証明する資格です。

この資格を取るために、子どもの心に関わる知識を学びます。
その主な知識とは、子どものあらゆる成長期(胎児期、乳児期、幼児期、学童期、思春期)に対応し、成長に応じた子どもと親や周囲との関りを見ながら、人との関わりから発生する影響や、子どものしぐさや反応から見る心理などを総合して、子どもの悩みや問題への接し方など、子どもの成長と発達の段階に合わせて適切なアドバイスや助言ができる知識や技術などです。

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している子ども心理インストラクターは、2ヶ月1回実施される試験に合格すれば取得することは可能です。受験資格はとくに無いので、特別な講座をうけくても大丈夫です。
より確実に合格したい場合は、講座受講がおすすめです。

資格取得後は、子ども心理アドバイザーとして数々の場所で活躍ができます。代表的なものではカルチャースクール、親子教室、学校での相談員などがあります。

2位 チャイルド心理ヘルスカウンセラー

チャイルド心理ヘルスカウンセラーは、子どもの心理に関して学んだ知識を使って、カウンセラーとして活動できる資格です。

この資格は、胎児期から乳児期、幼児期、学童期、思春期までの子どもの心理や発達を十分に理解し、また、悩みや問題に対してカウンセリングをおこなう技能、知識を持っていることが証明できます。

・子どもと母親の関係
・子どもと父親の関係
・家族構成によって子どもの成長にあたえる影響や違い
・子どもの性格
・子どもの仕草
・赤ちゃんが泣く心理
・赤ちゃんの気持ちの動き方
・会話が与える親子関係への影響
・小学校低学年から高学年、中学校にかけての発達と心理
・子どもが喧嘩をする原因
・学校と子ども
・ギャングエイジや反抗期などの接し方

これらの子どもの心理に関して知識を持ち、さらにはカウンセリングを行うカウンセラーとして活動できる技術があることを証明します。

チャイルド心理ヘルスカウンセラーは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する資格です、こちらも2ヶ月に1度試験があります。
こちらも特に受験資格はありません。

資格取得後は、チャイルド心理ヘルスカウンセラーとして活動することができます。

3位 チャイルドカウンセラー

チャイルドカウンセラーは、医療・福祉や教育現場で活躍する「児童心理」のエキスパートです。
このチャイルドカウンセラー資格を持つことで、
・不登校や校内暴力
・学内でのさまざまな問題行動等
などを引き起こす子供への対応に求められる、専門的な心理学知識や心理援助技術を備えていることが証明されます。
日本能力開発推進協会 (JADP)が主催するチャイルドカウンセラー資格は、子どもの心のケアを一番に考えながら、

・チャイルドカウンセリングの役割と理念
・現代社会における子どもの問題行動
・子ども理解のあり方
・連携とは
・家族問題との関わり
・来談者との関わり
・問題行動
・障害

などを日本能力開発推進協会指定の認定教育機関等で4ヶ月学習し、所定の手続き後に在宅にて受験することができます。
資格取得後は、学校、教育機関、児童相談所、地域の行政機関や企業内のカウンセラーとして、多くのチャイルドカウンセラーが活躍しています。

4位 チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとは、家庭的保育のスペシャリストのことです。このチャイルドマインダー最大の特徴は、保育士とちがい少人数制のキメ細やかな保育をするということ。
英国では100年以上の歴史があるチャイルドマインダー。家庭外保育を必要としている全英の71%の子育て家庭が利用しています。
チャイルドマインダーの預かる子どもの年齢は、0歳から12歳までが対象で、子育て家庭の育児・教育方針に合わせ、安全で安心な保育をします。
資格も、NCMA,Japan、チャイルドマインダージャパン、ヒューマンアカデミーなどで養成講座受けることができ、受講後に修了証が受験資格となり、講座を受講したそれぞれの団体で受験することが可能です。

チャイルドマインダーの働き方は、自治体や企業などが運営する保育所で仕事をする「施設型保育」と保護者や自治体と直接契約する「家庭的保育」があります。

施設型は、いわゆる認可外保育施設とされる企業内託児ルーム、病院内保育 等、そして認可保育施設とされる私立保育園、公立保育園 等で働くことが可能です。
また、家庭的保育の場合は、保護者や自治体と直接契約するのが特徴で、自宅を【保育室】として開放し、子どもケアする働き方や、訪問して子どもケアする働き方があります。それ以外にも訪問と保育室をミックスして働く方法などもあります。

5位 児童心理司

児童心理司は、児童相談所などで子どもや保護者などの心理診断を行える資格です。
この児童心理司の資格によって、子どもや保護者の心理診断をおこなうために必要な専門知識があることが証明されます。

児童心理司は、児童福祉司や精神科医などの専門家と連携をとりつつ、子ども一人ひとりの心身の状態に合わせて、必要な援助の内容を決めていきます。心理学に関する専門知識ももちろん必要とされますが、家庭内の虐待や非行などの問題にも深くかかわるため、教育や社会などさまざまな分野の認識が必要です。

資格の取り方は、これまで1位~4位の資格とは違い、厚生労働大臣指定の養成機関(大学・専門学校)を卒業することや、厚生労働大臣指定の講習会を修了することなど、大学で心理学、教育学、社会学などを専修する学科を修めて卒業することで任用資格を取ることができます。ただ、これらにあてはまらない場合でも、社会福祉主事任用資格取得者は2年以上の実務経験があれば任用資格を得ることができます。

試験などは特になく、上記の内容をクリアできれば、資格を習得することができるので、専修する学科があれば、大学進学の際に一緒に資格を取ることなども可能です。

児童心理司の働き方としては、各地方自治体の児童相談所、福祉事務所、障がい児入所施設などで地方公務員として活躍することができます。

6位 育児セラピスト

育児セラピストとは、子育ての現場で必要とされる育児のプロフェッショナルです。
育児セラピストの資格は、日本アタッチメント育児協会が行う3日間のカリキュラムで専門知識とスキルを学ぶことで取ることができます。また育児セラピストには前期過程(育児セラピスト2級)と後期課程(育児セラピスト1級)があります。
「育児セラピスト前期課程」は日本アタッチメント育児協会おこなっている各種インストラクター養成講座を受講すると同時に修了することができ、その後に「育児セラピスト後期課程」のみをご受講することで『育児セラピスト』資格を取得することが可能です。

「育児セラピスト認定講座」が対象にしているのは、保育士、看護師、保健師、子育て支援NPO、学校教諭、企業の方(玩具・育児用品関連等)、主婦の方 など。

主婦の方などは、子育ての現場で活かせる知識を発達心理学、社会学から学ぶことで、子どもについても学びます。子どもと一緒に取組める遊びなどを通して、子どもの心を育み子どもとの良好な関係を作ることを学習します。
その他の保育士、看護師などの方は、親との対人援助法や、セラピースキルを学び「癒す」ためのスキルも身に付けます。
また講師として、育児セラピストを育成して、広めるための知識とスキルを学べるので、講座を開設することなども可能です。

発達心理学などを専門的に学び、お母さん達に寄り添い、適切に導くための対人援助スキルを身に付け、子育て支援の現場で「育児の専門家」として活躍することを考える人は、育児セラピスト前期課程、後期課程の同時受講がオススメです。
子供心理学  子供心理学