基礎施工士の資格・試験について

基礎施工士とは、一般社団法人 日本基礎建設協会による公的資格です。建設分野の中でも特に専門的技量を要する「基礎工事」のうち、場所打ちコンクリート杭工事に従事する技術者の技能を判定します。技士の需要は常に高いので、就職や転職に有利な資格と言えるでしょう。

基礎施工士検定試験の受験資格について

基礎施工士検定試験を受験する際の受験資格は、以下の通りです。

①:大学の指定学科を卒業後、1年6か月以上の実務経験がある者
②:大学卒業後、2年6か月以上の実務経験がある者
③:短大、高専の指定学科を卒業後、2年6か月以上の実務経験がある者
④:短大、高専のを卒業後、3年6か月以上の実務経験がある者
⑤:高校の指定学科を卒業後、3年6か月以上の実務経験がある者。
⑥:高校を卒業後、5年6か月以上の実務経験がある者
⑦:中学卒業後、8年以上の実務経験がある者

実務経験とは、基礎工事に関する経験すべてを対象とします。
また経験年数とは、試験当日での年数を指します。

指定学科の詳細は以下の通りです。
・土木工学
( 農業土木、鉱山土木、森林土木、海洋土木を含む)
・建築学・機械工学・衛生工学
・建設学・建設基礎工学・電気
・工学・地学・地質学・資源工学
・衛生工学・交通工学・安全工学
・環境・保全工学・計測工学など

基礎施工士検定試験の応募要項について

■申込期限と試験日程
申込期限:9月上旬~10月下旬
試験日程:11月中旬ごろ

■申し込み方法
試験案内書および受験申込書を、実施先ホームページからプリントアウト。
必要事項を記入し捺印、必要書類を添えて、受験する地方の受付場所へ送付して下さい。

■受付場所
札幌・東京:(一社)日本基礎建設協会本部事務局
〒104-0032東京都中央区八丁堀4-14-7(ウィンド八丁堀ビル705))
TEL:03-3551-7018

名古屋:(一社)日本基礎建設協会中部支部
〒460-0022名古屋市中区金山1-14-18(A-PLACE金山 8F)
TEL: 052-322-5796

大阪:(一社)日本基礎建設協会関西支部
〒553-0003大阪市福島区福島5-13-18(福島ビル401号)
TEL:06-6452-5752

広島:(一社)日本基礎建設協会中国支部
〒730-0032広島市中区立町1-20(NREG広島立町ビル)
TEL:082-247-2541

福岡:(一社)日本基礎建設協会九州支部
〒812-0016福岡市博多区博多駅南1-3-11(KDX博多南ビル))
TEL:092-707-4191

■受験料
協会員:16,500円
非会員:19,500円

■合格発表日
試験日から約2か月以内

基礎施工士の資格更新について

基礎施工士には、5年間という資格の有効期間があります。資格の更新を希望する場合は、有効期限終了年度に開催される更新講習会の受講しなければなりません。更新講習会を受講しなかった場合は、資格が失効となりますのでご注意ください。

※ただし平成26年までに資格を取得している場合は、平成42年度(資格発足より15年間)まで有効です。その後も資格を維持し続けるためには平成28年度より15年の期間内に「既製杭施工管理技士」と統合した新資格を取得する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です