圧入施工技士について

圧入施工技士とは、全国圧入協会(JPA)による公的資格です。国家検定である「技能検定制度」の補完として位置づけられて、厚生労働大臣によって認定されています。
この資格の試験では杭圧入引抜き機に関する技能が問われます。レベル別に1~2級の等級があり、合格者は主に下水道工事業者などに就職します。

圧入施工技士技能審査の応募要項について

圧入施工技士の技能審査は、学科試験と実技試験によって構成されています。試験は年1回の実施です。
申し込みに関する詳細は、以下の通りとなります。

■試験日
7月中~下旬ごろ

・1、2級同日の実施です
・午前には学科試験と実技ペーパー試験を、午後には実技作業試験が行われます
・午後の試験の時間割は受験票に記載されますので、各自でご確認ください
・申込期限は7月の初旬ごろです

■提出書類
・圧入施工技能審査受験申請書、申請書控、受験票
→申込書は全国圧入協会の技術審査ページよりダウンロードできます

・特別教育修了証のコピー
・受験手数料振込受領書のコピーまたは振込日をメモしたもの
・一部合格通知書のコピー
→昨年の受験で実技もしくは学科のいずれかに合格している場合

■申込書類提出先
〒108-0075
東京都港区港南2丁目4番12号 港南YKビル9階
全国圧入協会事務局

TEL:03-5781-9155

■試験会場
東京、大阪、高知

■合格発表日
7月下旬ごろ

圧入施工技士技能審査の1級について

■受験資格:次のいずれかに該当すること
①:労働安全衛生法に基づく杭圧入引抜機の特別教育を修了し、8年以上の実務経験者を有する満26歳以上の者
②:2級取得後、5年以上の実務経験者を有し満26歳以上である者

なお、実務経験とは下記の圧入に関する実務が該当します。
・圧入引抜作業計画書の作成
・工事全般にわたる監督指揮及び指導並びに完成品の確認
・杭圧入引抜機の操作及び保守点検
・圧入作業及び引抜作業

■受験料
学科試験:10,000円
実技試験:50,000円

■学科試験
試験時間:60分
試験内容:基礎工学、土質、圧入の工法、圧入引抜機、圧入施工管理、材料力学、油圧、安全衛生など

■実技試験
実技ペーパー試験:試験時間50分。圧入工法全般。
作業試験:試験時間40分。モニターの画面に表示されるサイレントパイラーを操作。

■合格基準
学科試験:100点満点中、80%以上の得点
実技試験:実技作業との合計が60点以上かつ、ペーパー試験15点以上・作業35点以上

圧入施工技士技能審査の2級について

■受験資格
労働安全衛生法に基づく杭圧入引抜機の特別教育を修了し、3年以上の実務経験者有するもので満21歳以上であること。

なお、実務経験とは下記の圧入に関する実務が該当します。
・圧入引抜作業計画書の作成
・工事全般にわたる監督指揮及び指導並びに完成品の確認
・杭圧入引抜機の操作及び保守点検
・圧入作業及び引抜作業

■受験料
学科試験:8,000円
実技試験:30,000円

■学科試験
試験時間:60分
試験内容:基礎工学、土質、圧入の工法、圧入引抜機、圧入施工管理、材料力学、油圧、安全衛生など

■実技試験
実技ペーパー試験:試験時間50分。圧入工法全般。
作業試験:試験時間20分。モニターの画面に表示されるサイレントパイラーを操作。

■合格基準
学科試験:100点満点中、75%以上の得点
実技試験:実技作業との合計が60点以上かつ、ペーパー試験15点以上・作業35点以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です