園芸インストラクター認定試験口コミ評判

最近、自家製のハーブや野菜作りが流行っています。無農薬の野菜という中で一番信頼できるのが自分で作ることですね。

庭がなくてもプランターで作ることができるので、気軽に始められる趣味でもあります。

しかし、正しい土の選び方や植え方、育て方に困ってしまう方も多いようです。参考にする本はあっても実際に教えてもらった方がわかりやすいものですよね。

そのような園芸の基本をすべて教えられるのが園芸インストラクターです。趣味でされている方は多くても、それを指導できる方はまだ少ないようです。

園芸インストラクターは、日本インストラクター協会が主催し、認定している認定試験です。

この資格、勉強すればどんな方でも受験することができます。ですから、趣味で始めた方も、これから始めたいけど何もわからないという方も、仕事で園芸スタッフやガーデニングの経験がある方も、きちんと学び習得することができれば、受験し、合格することができます。

認定試験の受験について

本認定試験をはじめとして、日本インストラクター協会の試験は、2ヶ月に一回のペースで、年6回実施されています。

インターネットから申し込みます。

2ヶ月ごとに実施されていますから、忙しい方でも計画が立てやすいですね。

試験の形式は在宅受験です。自宅に受験票や試験問題、解答用紙が届き、期間内で都合の良い日を選んで受験します。

受験資格は、特にありません。受験料は税込10,000円です。

試験に向けて学ぶべき内容

どのような場面にも通用するガーデンデザインの知識と技術が問われます。
園芸資格の園芸インストラクターはこちら
ガーデニングの基礎知識をもとに、ガーデン図面の製図方法、ガーデニングの設計・施工などについて出題されるようです。また、有機野菜について、苗から育てる、種から育てるなどの種類や方法、ハーブの作り方、育てる時の注意点、など園芸全般について学んでおくことが必要です。

すでに知識をお持ちの方は独学ということもできるかもしれませんが、効率よく学ぶためには、通信講座を受講するか園芸スクールに通うことをおすすめします。園芸スクールは地域のガーデニングショップなどで開催していることもあるので、調べてみるとよいと思います。通信講座は、資格取得を目的とした講座がいくつかあるようです。

ライフスタイルに合わせて目標を立てるといいですね。

試験に合格するには

試験の結果、合格基準である70%以上の正解をすると、資格の認定を受けることができます。

在宅受験ですので、きちんと準備をしておけば、合格できるでしょう。

合格すると、1ヵ月後に合格通知が自宅に届きます。

また、有料となりますが、合格認定証と認定カードを発行することができます。それぞれ税込5,500円です。

認定を受けたことを証明できる認定証です。発行することで、合格の喜びもさらに大きくなりますよ。

園芸インストラクターとして

正しい知識を身につけて園芸に携わると、野菜も元気に育ちそうですし、植物も長く生きることができると思います。そんな知識を活かして、セミナーを開いたり自宅で園芸教室を開いたりして、講師活動をすることができます。園芸を始めたい方へのアドバイスもできるので、需要は多くありそうです。

また、同じ趣味を持つ方とも交流も拡がりそうですね。
ガーデニング園芸  ガーデニング園芸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です