和食資格人気ランキング

和食

最近の和食ブームは海外でも留まる事をしりません。さらに「和食日本人の伝統的な文化」が2013年ユネスコの無形文化財に登録されたことにより。ますます和食人気は高まっています。

そんな和食のもっと知りたい!和食の伝承者になりたいと思う人達のための和食資格が大人気となり、日本人だけではなく海外のからも注目を浴びています。

1位和食エキスパート

和食エキスパートとは日本安全食料料理協会(JSFCA)が発給している食に関するエキスパートとしての認定資格です。

和食エキスパートは主婦の人が料理の腕を磨きたい!基礎から和食を学びたい!という理由で受講されるほか、若い女性が結婚に備えて和食の基本を学ぶために受講されたりするため年齢層が広いのが特徴です。

受講内容は和食の基本、出汁の種類から、包丁や鍋、その他の和食に使う調理器具の種類や使い方に至るまで、和食について深く学ぶことができます。
和食資格の和食エキスパートはこちら
今まで知らなかった和食についての発見が学べ、料理の幅が広くなるとのことで人気の講座です。

2位日本料理インストラクター

日本人にとってはあたりまえの和食の基本をマスターし、国内外に向けて和食の魅力を伝える伝承者として深い知識を要する資格です。

日本料理のは季節感や素材の良さを重視する季節の料理やその季節料理のレシピを考えたり、古くから伝わってきた懐石料理の歴史、又は懐石料理の形式など深く学んでいきます。更に懐石料理のレシピを考えたり、懐石料理における作法に至るまでの知識を身に着け、日本料理を広げる人達への指導者として学んでいきます。
日本料理資格の日本料理インストラクターはこちら
日本料理インストラクターはホテルや高級料亭などで働くほか、外食産業で働く日本料理の現場の人達への指導者として活躍している人もいます。

3位和食検定

和食検定は財団法人日本ホテル教育センターが実施する資格です。国内外で見直されている和食の文化を理解し

和食業界のレベルアップの目的で作られた検定です。

最近では海外から和食を学びたい受講生も多くなり、より正しく和食を伝承する事が認識されるようになりました。

初級レベルでは和食の食材や身近な和食の知識を日本語と英語のテキストで学ぶことができるため外国人の受講者にも人気のコースです。

中級レベルでは日本料理の文化、料理の食材、味などに加え食事のマナーや器やお箸の使い方など和食に関する細かな知識を学びます。

上級レベルは実務者レベルの講習を学びます。実際に和食を接待する上での仕事の流れや、和食を出仕方和食接遇時の装いである着物の着付けの仕方、着付けのポイントなど、和紙での立ち居振る舞いなどを学びます。

また、接遇知識や実践方法、売上や原価など経営に携わることまでを指導できるようにします。

和食検定のカリキュラム全般を学習しレベルの高い和食の伝承者の指導者となる人材を育成します。

和食検定取得後はホテルや旅館、料亭など和食を扱う企業で働くことができたり、外食産業で働く人のスキルアップとなる資格です。

4位和食アドバイザー検定

和食の基本知識を取得して、実際の和食の調理方法や加工技術、盛り付けなど和食技術を実践して学び、和食を伝えるための講習を受講する。

資格は和食アドバイザー資格が取得する事ができます。

主婦の人やこれから結婚する女性たちが和食の技術をマスターするためや、現在調理師や栄養士などの仕事をしている人や、飲食業で働く人たちのスキルの向上に役立つ資格です。
和食資格講座  和食資格講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です