和食エキスパートの口コミと評判まとめ

和食

和食エキスパートの口コミや評判をまとめています。

飲食関係のお仕事に有利と言われている和食エキスパートの資格ですが、最近は若い女性や主婦からも注目を集めており、すっかり人気の資格に。

しっかりとした資格なので、試験を受ける必要がありますが、じっくりと腰を据えて料理の勉強をしたい。

資格として形にしたいという男性の方の取得も増えてきています。

年齢や世代を問わず、たくさんの受験者がいる資格というのは非常に珍しいので、今回初めて知ったという方も、是非取得を目指してみてください。

 

和食エキスパートとは?

和食エキスパートとは、日本安全食料料理協会が認定試験を行っている和食に特化した資格になります。

日本料理の基礎から応用だけではなく、技術を持っているのかが問われる資格です。

具体的には和包丁やまな板の種類、用途。

煮物の味付けの仕方や出汁のとり方等、和食のエキスパートとして活躍できる能力を持っているのかがテストされる事になります。
和食資格の和食エキスパートはこちら
ちょっとしたパスタやオムライスは作れる。

でもきちんとした和食を一般家庭で作る人は珍しい。

だからこそ率直に凄いと思われる資格として、口コミでも話題を集めています。

最近和食エキスパートの資格を取得する人が増えてはきているのですが、資格自体の難易度はかなり高め。

まったく勉強をしていない人が、遊び半分で取得できるものではありません。

逆にしっかりと学んでいれば、本職の方や職人を目指している方以外でも取得できる資格です。

 

和食エキスパートの口コミ情報

和食エキスパートは口コミでも話題になっています。

特に主婦層の方がSNSで取得自慢をしているシーンをよく見かけるようになりました。

実際、和食エキスパートの口コミでも、この資格を取ってから周りの見る目が変わったという評価も少なくありません。

それだけ和食を極めた人が自分の周りにいるという事がなかなかない事なのです。

 

和食エキスパートの試験内容について、こんな意見もありました。

「出汁を取る方法がこんなにあるとは思わなかった」

「包丁の種類と特徴を紐付けるまでが大変」

実際に出題される内容に関しては、より具体的な名称回答が必要になってきます。

和食エキスパートという資格自体には実技がないため、知識だけでクリアできるという意見もありました。

ただ、自分で直接調理をするよりも、説明をすることそのものが難しい。

また紛らわしい質問が多かったという意見もあり、思っていた以上に難易度は高かったというプロの料理人の方からの感想もあります。

 

和食エキスパートの口コミの中には、和食エキスパートの資格を取得した後に、講師として活動している方もいます。

和食のスクールを開校し、定期的な収入を得ている方ですね。

また人にちゃんとした知識を教えたいという理由から、料理人を引退した人が改めて和食エキスパートの認定試験を受けているケースも。

主婦層に人気の和食エキスパートの資格ですが、実は多岐に渡る人気を持っているという事が、非常によくわかります。

 

和食エキスパートになるためには

和食エキスパートになるには、和食エキスパートの認定試験を受ける必要があります。

認定試験は年6回開催されていますので、ある程度自分の都合に合わせた時期を選ぶ事ができます。

受験料は10,000円。

在宅受験が行われ、インターネットから申し込みが可能です。
和食資格講座  和食資格講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です