和菓子資格人気ランキング

和菓子

「抹茶と和菓子」このセットを見るだけで、心が穏やかに、背筋がピンとする、日本の美しさを全面に表現していますね。

そんな風情ある和菓子だけでなく、どんどん進化していて、最近では、植物性の油が使われていることから、洋菓子に比べヘルシーで、ダイエット中の方からも注目を浴びています。

日本の心とも言える和菓子について、もっと深く知りたいと思いませんか?
趣味や興味で始めたい人や、プロとして経営者として働きたい人へ、和菓子の知識を深めるための人気資格をご紹介したいと思います。

《1位 和スイーツセレクトマイスター》

和菓子に関する種類・道具・分類・材料などの、和菓子に関するあらゆる知識を証明する事ができる資格です。

生菓子と半生菓子の違いや、打ち物・押し物・流し物・饅頭・蒸し物・岡物など、各和菓子の知識だけでなく、材料である小豆や砂糖の種類の専門的な知識も必要となってきます。

気軽に取得できる資格ですので、和スイーツが好きな人や、その文化と歴史に興味がある人など、和菓子を楽しみたい人に人気の資格となっています。
和菓子資格の和スイーツセレクトマイスターはこちら
JSFCA日本安全食料料理協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、在宅受験なので自宅にいながら受ける事がでるので、忙しい方もお子さんがいらっしゃる方にも安心して受ける事ができます。

《2位 和菓子文化コーディネーター》

和菓子に関する幅広い知識はもちろん、日本各地の郷土和菓子についての知識を証明する事ができ、季節や行事にあった菓子の選び方など、日本人としての心を表現する素敵な資格となっています。

郷土和菓子の文化や背景など、歴史に関する知識も必要となり、京和菓子と江戸菓子の違いなど和菓子に関する違いを明確に理解することも大切です。
和菓子資格の和菓子文化コーディネーターはこちら
JLESA日本生活環境支援協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、こちらも在宅受験なので自宅にいながら受ける事ができるのも嬉しいですね。

《3位 菓子製造技能士》

こちらの資格は国家資格となります。
この検定を受けるにあたって、一定年数(1級7年以上・2級2年以上)の実務経験が必要となってきますので、菓子製造業に就職してから取得する事ができる資格となっています。

菓子製造技能士とは、菓子だけでなく食品一般に関する知識・材料を数値化できる能力・製菓機械の使い方などの知識が必要となってくる資格ですので、幅広い知識が必要となってきます。
技術を証明できるキャリアアップに有利になりますので、菓子製造業に就職している方は、ぜひ取得しておきたい資格ではないでしょうか。

試験は各都道府県で行われ、概ね実技試験16,000円・学科試験3,000円の費用で受ける事ができますので、各都道府県のスケジュールをご確認ください。

《4位 製菓衛生師》

菓子製造業で働く人の資質の向上や衛生面での管理に関わる資格です。
こちらの資格も国家資格となり、試験費用は東京都で9,500円となっています。(各都道府県でご確認ください。)

製菓衛生師とは、菓子作りの技術や知識の他に、公衆衛生学や衛生学、食品添加物、食の安全に関する専門知識が必要となってきます。
店長になる夢がある人や、独立開業を目指している人は取っておいた方がよいでしょう。

《まとめ》

日本の心である和菓子の資格は国家資格のものも多いようですが、和スイーツセレクトマイスターや和菓子文化コーディネーターのように、興味・趣味といった入口から、和菓子の資格を取得できますので、堅苦しい感じではなく、楽しく和菓子について学んでみてください。
和菓子の違いを学ぶことで、お土産として、おもてなしとして和菓子を巧みに使い分け、女性として大人としてワンランクアップできるということも魅力の一つではないでしょうか。

ぜひ、和菓子を楽しみながら魅力を広めていただきたいと思います。
和菓子  和菓子