収納マイスター認定試験口コミ評判

自分の部屋に納得していますか?

整理整頓された清潔感のある部屋、落ち着きますよね。片付けてもまたそこから散らかっていくという方、終わらない片付けをしている方やきれいに収納したいけれどどこから手をつけたらよいのかわからなくて困っている方に、ぜひオススメの資格があります。収納と資格、結びつきにくいものかもしれません。しかし、収納方法を身につけた上に取得できるという資格があるのです。

それが収納マイスターという資格です。

一度収納のプロとしての技術を身につけたら、これから先のずっと、きれいな部屋を保つことができるようになると思います。また、片付けが大好きでそんな技術を活かせる仕事を探しているという方にも、とてもオススメです。

試験を受けるには

日本生活環境支援協会では、様々な認定試験を実施しています。

試験は年6回、2ヶ月に一度のペースで行われています。

申し込みは、インターネットからできます。

受験資格はありません。どなたでも受験することができます。受験料は税込10,000円です。

日本生活環境支援協会の試験は、在宅受験の形式をとっています。わざわざ試験会場へ出かける必要はありません。

試験期間内から都合の良い日を選んで受験することができますので、予定を立てやすいですね。

試験に向けての勉強方法

収納に便利な道具の使い方、収納法や整理法の基本、リビングや寝室、玄関、キッチン、収納スペース、クローゼットなど、その場所に応じた片づけ方の基本などを勉強し、知識として身につけることが必要です。
収納資格の収納マイスターはこちら
仕事にしたいと考えている方は、他人の家の中のかなりプライベートな面を見ていかなくてはならないので、コミュニケーションスキルも勉強しておくと、より良い仕事につながるのではないでしょうか。

参考書などを利用して、独学で勉強することも十分に可能ではありますが、通信講座などを利用するとよいと思います。資格取得に特化した教材がありますので、テキストに沿って学びやすいということがありますし、時間も自分で決められますので、忙しい方には特におすすめです。

合格するには

資格の認定を受けるには、70%以上の評価を受けることが必要です。

合格のために、準備しっかりとして、試験に備えましょう。試験に合格すると、1ヵ月後に合格通知が郵送されてきます。さらに、合格認定証と認定カードを発行することもできます。発行するためには、それぞれ税込み5,500円が必要です。合格通知でも合格の証明にはなりますが、合格の記念に発行しておくのもオススメですよ。

収納マイスターとしての活躍

合格後、資格を活かして働きたいのだとしたら、整理整頓の専門業者やインテリアや家具の販売店への就職ができます。就職の際に、履歴書に記入することもできますので、即戦力として有利になることもあると思います。すでに家具店などで働いている方が資格を取得して、スキルアップにつなげているということも多いので、勉強しながらも実践できるというのはいいですね。

また、収納コンサルティングとして活躍することもできます。片付け術を身につけたい方を対象としたセミナーなどの講師活動をされている方もいます。資格取得で身に付けた技術を活かして、さらにオリジナルを加えるといった工夫をして、人気講師を目指すのも素敵ですね。

仕事だけでなく、自身の家の中、それぞれの部屋に応じた収納術を使用して、家全体がすっきり片付くことは間違いないですね。

主婦の方はもちろん、結婚を視野に入れている独身女性や一人暮らしの学生、どんな方にもこの資格はおススメです。
収納整理  収納整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です