医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)について

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)とは、受付業務や会計業務、オペレーター業務等全般、診療報酬請求事務を正確に行うために必要な技能の有無を判定する試験です。約40年にわたる実績と信頼がある資格であり、医療事務学習者の到達目標や、医療事務従事者のは技能証明や向上目標として活用されています。これまでの総受験者数は152万人、合格者数は85万人以上であり、国内最大級の医療事務関連の試験です。医療事務技能審査試験に合格すると「メディカルクラーク」の称号が付与されます。

試験は「医科」と「歯科」に分かれており、それぞれ学科試験・実技I・実技Ⅱによって構成されています。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の受験要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間
試験は年12回(毎月下旬ごろ)実施されています。
申し込みは試験の2か月前から2週間前まで受け付けています。

■受験料(税込)
各7,500円

■受験地
各都道府県内の公共施設等

■合格基準
学科試験、実技Ⅰ、実技Ⅱすべての得点率が70%に達することが条件となります。

■合格発表日
試験日の約1か月後に郵送にて通知されます。

■お問い合わせ
一般財団法人 日本医療教育財団
技能審査係
TEL:03-3294-6624

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の学科試験について

学科試験は択一式の筆記試験で全25問出題されます。
試験時間は60分です。試験内容は、以下の通りとなります。

■医療保険制度
(1)健康保険
(2)船員保険
(3)各種共済組合
(4)国民健康保険
(5)退職者医療制度
(入院時食事療養費および入院時生活療養費、保険外併用療養費、高額療養費)

■高齢者医療制度
(1)制度の概要
(2)特定健康診査
(3)後期高齢者医療給付

■公費負担医療制度
(1)感染症法
(2)生活保護法
(3)学校保健安全法
(4)精神保健福祉法
(5)身体障害者福祉法
(6)障害者総合支援法
(7)児童福祉法
(8)母子保健法
(9)原子爆弾被爆者援護法
(10)特定疾患治療研究事業
(11)難病の患者に対する医療等に関する法律

■介護保険制度
(1)制度の概要
(2)予防給付・介護給付
(3)介護サービスの利用方法
(4)介護保険と医療保険等の関係

■医事法規一般
(1)医療保障制度の基礎用語
(2)医療法
(3)医療保険各法
(4)療養担当規則
(5)関連法規(医師法など)

■医事業務
(1)医事担当者の心得(個人情報の適切な取扱いを含む)
(2)外来・入院業務
(3)窓口会計業務

これより下は、いずれか1科目を選択します。
科目ごとの内容は医科・歯科によって異なります。

・診療報酬請求業務
・医学一般
・薬学一般
・診療録

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の実技I・実技Ⅱについて

■実技I
記述式による筆記試験を行います。全2問で試験時間は50分です。
内容は以下の通りとなります。

コミュニケーション・・医事課患者応対について

■実技Ⅱ
全部で4問出題されます。試験時間は70分です。
内容は以下の通りとなります。

診療報酬請求事務(医科)・・医科診療報酬明細書(出来高請求)の点検
診療報酬請求事務(医科)・・歯科診療報酬明細書(出来高請求)の点検

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です