刺繍資格人気ランキング

刺繍

老若男女問わずに人気のある刺繍は、今も多くの人が新規で習得したいと考える趣味となっています。
そのため刺繍のスキルを持った人材の確保は重要で、いろいろな職場や教室で刺繍のプロが求められるようになっているのです。

そんな刺繍に興味があるのなら、こちらで人気の資格ランキングをチェックし、気になる資格の習得を目指してみましょう。
具体的なに周囲にアピールできる資格があれば、プロとしてのさまざまな仕事につながっていきます。

刺繍で生きていきたい、刺繍の楽しさをもっと伝えたい、そんな願いがあるのなら、本気であることを資格の取得で示していきましょう。
以下に記載した資格が刺繍の業界では人気となっているので、1位から順に確認して自分にピッタリのものを探してみてください。

1位 刺繍アドバイザー

ビーズ刺繍やリボン刺繍、ミシン刺繍やフランス刺繍などあらゆる刺繍に精通することを目指すのなら、「刺繍アドバイザー」の資格がおすすめです。
刺繍の種類に関する知識だけでなく実際に作る手順を把握している証になるため、刺繍アドバイザーを持つことがプロとしての第一歩となるでしょう。

また針や糸といった刺繍の道具にも詳しくなる必要があるので、資格取得後は自信を持って刺繍を行う人へのアドバイスが可能となります。
自分で作品を生み出すだけでなく、アドバイザーとしても活動したいのなら、刺繍アドバイザーがうってつけの資格となるでしょう。

刺繍を教えることで人の輪が広がっていくので、刺繍を中心としたコミュニティや教室を開きたい人にもおすすめです。
もちろん有資格者はプロとして働くことも可能となるため、刺繍を生きがいにするのなら欠かせない資格となります。

日本生活環境支援協会が認定する資格であるため、その後の影響には期待ができるでしょう。
試験は2ヶ月に1度のペースで行われているので、興味のある人は刺繍を学びつつ試験の日程を調整してみてください。

2位 刺繍クラフトインストラクター

刺繍の基礎を理解し、さらにその応用まで可能とする人材になりたいのなら、日本インストラクター技術協会が認定する「刺繍クラフトインストラクター」の資格がいいでしょう。
フランス刺繍やクロスステッチなどの技術に加え、針や糸に関する知識を学ぶことができるので、プロとしてふさわしいスキルを身に着けることができます。

刺繍をやってみたいけれど、どんな道具を使ってどのような工程を行えばいいのかわからないといった初心者にとって、刺繍クラフトインストラクターの有資格者は魅力となるでしょう。
身に着けた刺繍のスキルを誰かのために活かすのなら、資格取得後に講師活動が行えるこちらの資格がおすすめされます。

また刺繍クラフトインストラクターの資格では、刺繍の図案を読み、自分で作成する能力も求められます。
より論理的で実践的な刺繍の技術が必要となるので、プロとしての活動の幅が広がるでしょう。

他にも刺繍に合わせた額縁を選ぶスキルなども身に着くため、作品展などを開催するのが夢だという人にもおすすめの資格となりますね。

3位 戸塚刺しゅうの師範資格

戸塚刺しゅう協会が認定する「戸塚刺しゅうの師範資格」もまた、刺繍のスキルを磨きたい人にピッタリの目標となるでしょう。
協会では初級、中級、上級と学んでいき、市販会員に入会することで戸塚刺しゅうの先生のとして活動することができます。

段階的にじっくりと刺繍について学習していくことができるので、初心者でも安心して資格取得を目指すことができるでしょう。
資格取得までは師範の先生がしっかりと教えてくれるため、刺繍の基本と誰かに教えることの流れを身をもって知ることができます。

それはいずれ自分が資格を持って教える立場になったとき大いに役立つので、積極的な姿勢で学んでいきましょう。
1つの協会というスタイルが出来上がっているので、資格取得までスムーズに進んでいくことができるのも魅力。

自分1人では勉強が続けられないという人は、モチベーションを維持するためにもまずはこちらの資格を目指してみてはいかがでしょうか。

4位 日本手芸普及協会の刺繍師範資格

国内の手芸に関するスキルの底上げに尽力している日本手芸普及協会は、「日本手芸普及協会の刺繍師範資格」を認定しています。
ハイクオリティの刺繍を作成することに興味があり、かつ充実した学習体系が自分に向いていると思えるのなら、資格取得のスケジュールを立ててみましょう。

日本手芸普及協会の刺繍師範資格では、コースが区限刺しゅう、白糸刺しゅう、ステッチ100という3つの技法に別れていて、さらに本科、高等科、講師科、指導員とレベルが別けられています。
これらすべてを学習した後、さらに師範養成講座と指導者のためのアドバンスプログラムをクリアすれば、刺繍師範の資格が取得できるのです。

用意されている学習コースを余すことなく学びつくすことができるため、資格取得後もその経験が自信になることでしょう。
さらに協会の中で今度は生徒を育てる立場にもなれるので、資格を有意義に使うこともできます。

まとめ

刺繍に関する資格は、どれも取得することでそのスキルを示すことができるようになります。
本格的に刺繍の能力を高めたいのなら、ぜひ資格を得て自信をつけてみましょう。

資格取得までの長い道のりは、自分自身を鍛えてくれます。
その経験は刺繍の現場で活かされるはずなので、ぜひ資格という工程を経てプロとしての腕を磨きましょう。
刺繍資格  刺繍資格