住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

住宅を決めるとき、どんな状況でも必ず悩みますよね。

住宅メーカーのモデルルームや、ハウジングセンターで希望や条件に合った住宅物件を提案してくれたり、相談に乗ってくれたりするのが住まいアドバイザーです。

不動産会社やハウジングメーカーへの就職を希望している方はぜひ、住まいアドバイザーの資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。また、自分や家族の住宅購入の際に少しでもスムーズに進めたいという方が、勉強のために取得するというのも最近では増えてきているようです。

日本生活環境支援協会が主催している住まいアドバイザー認定試験は、現場において要求される基本的な技術が一定以上の水準であることを証明している認定資格です。資格を取得しておくと、自分のスキルアップにもつながりますし、履歴書に記入することもできます。

試験を受けるには

日本生活環境支援協会では、様々な認定試験を実施しています。

2ヶ月に一度のペースで、年6回、試験が行われています。

日本生活環境支援協会では在宅受験の形式をとっています。

会場まで足を運ぶ必要がなく、期間内で都合の良い日を受験日に選ぶことができますので、計画が立てやすいですね。

申し込みは、インターネットから行います。

受験料は税込10,000円です。受験資格はありませんので、どなたでも受験することができます。

試験対策として

効率よく学ぶためには、通信講座などの受講がおすすめです。忙しい方でも、自分のペースで都合の良い時間にテキストを開くことができます。通信講座は、資格取得を目的としているテキストを使用しているため、テキストに沿って学んでいけば、努力次第では短期間で合格できるようです。

合格するには

合格の条件は、70%以上の評価を受けることです。

在宅受験ですから、合格するには、きちんと準備をし、落ち着いて試験に臨むことが大切です。

合格すると、合格通知が届きます。試験の1ヵ月後です。

そして、合格認定証と認定カードを発行することもできます。それぞれ税込み5,500円が必要となります。
住まい資格の住まいアドバイザーはこちら
合格通知でも資格認定の証明にはなりますが、よりきちんとした証明として持っておくのもオススメです。

住まいアドバイザーの活躍

ハウジングセンターやハウスメーカー、不動産会社や賃貸仲介業者など、住宅関係の企業に就職して活かしている方が多いようです。資格としては、さらにインテリアコーディネーターやCADを習得される方も多いようです。併せて資格取得を目指していくと、就職する際に、即戦力として有利になることもあるようです。

高齢の両親や祖父母が離れて暮らしている場合、住宅の購入などされるときに、専門的な知識をもって役に立てることもあると思います。家族にとっても頼もしい存在であると思います。

お客様のニーズに合った物件を紹介するには、それぞれのお客様の状況や性格、好みを知ることがとても重要になります。常に人と接する職業ですので、プロフェッショナルをめざすのであれば、コミュニケーションスキルも学び、お客様に笑顔でいていただけるような接客を心掛けたいですね。そして、清潔感を保つことも重要です。日々の生活の中で、身だしなみを意識していくことで、身に付くと思います。

住まいアドバイザーのプロとして、幅広く活躍できるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です