介護食通信講座徹底比較

介護食アドバイザー・介護食士とは

介護食士とは内閣総理大臣認定の全国料理士職業訓練協会が介護にかかわる方の調理技術の向上を目的で設置した資格制度。介護を受ける人にとって介護食はとても重要。生きていくうえで必要不可欠。介護食の知識は調理師をはじめ、栄養士、介護福祉士、ホームヘルパーなど介護の仕事にかかわる人に人気の資格。介護食士は専門的に要介護者に食事を提供できる専門知識を学んだ人に与えられる資格。1級から3級までがある。介護食士はグループホームをはじめ、要介護者同士が集まるデイサービスなどの施設で活躍できる。さらに、ケアマネージャーはぜひとも介護食専門知識の習得がおすすめ。要介護者の生活や健康を守るために必要なもの。またホームヘルパーがいない在宅介護などでも大いに役立つ知識。要介護者の外食や中食でも大いに役立つ資格の一つ。

1位キャリアカレッジジャパン

通信教育名介護食アドバイザー資格取得講座
費用入会金なし受講料38880円(総額制)

キャリアカレッジジャパン通信講座の特徴

標準学習期間4か月、全国どこからでも受講可能、介護食の知識がないという初心者でも受講可能。目指せる資格はJADPの介護食アドバイザー資格となる。高齢者や要介護者が食を楽しんだり、食事で健康になれるようにサポートできる介護食の専門知識が学べる講座。高齢者の心理をはじめ、内臓や咀嚼力の低下といった身体的特徴を学ぶ。栄養学や食材、病気などについても学ぶ。家族が普段食べている食事を高齢者向けに変える展開食や傍記などの症状に合わせた治癒食など介護食を総合的に学ぶ。付属のレシピには20種類もの介護食が掲載されている。専任講師による添削指導は無料で何回でも可能。資格取得後には専属のキャリアコーディネーターが職種や年収の希望の条件をヒアリング、転職、就職をサポートしてくれる。

2位日本フローラルアート東京カルチャーセンター

通信教育名介護食アドバイザー養成講座

費用入会金なし受講料37000円

日本フローラルアート東京カルチャーセンター通信講座の特徴

標準学習期間6か月。栄養と調理の基礎知識をはじめ、介護食の楽しさや介護食を作るために必要な知識、日常としての介護食などを学ぶ。家族が要介護であったりヘルパーや介護スタッフ、地域ボランティアや介護関連の仕事でスキルアップしたい人におすすめの資格。目指せる資格は介護食アドバイザー。食べやすく作りやすい介護食について具体的に学ぶ。イラストや図表を用いたテキストで初心者でもわかりやすく工夫されている。60種類以上のレシピを習得でき、実際に作る際のノウハウを習得可能。赤堀料理学園校長監修の講座。

全日本調理職業訓練協会

通信教育名介護食士

費用開講施設により多少異なるが1時間につき1000円から1250円。(総額7~9万円)

全日本調理職業訓練協会通信講座の特徴

受講時間は72時間。厚生労働大臣が許可した団体による資格。調理訓練校や調理師学校で開講される。日々の業務や暮らしに必要な介護食士としての知識と技術を習得できる。受講資格があり介護食士3級は誰でも受講可能。2級は3級を取得したもの。1級は2級を取得した後で2年以上実務に従事し、25歳以上のもの。3級から取得するために、講習を受講。民間団体が行う認定試験とは重みが異なる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です