中古自動車査定士技能士検定について

中古自動車査定士技能士検定とは、一般財団法人日本自動車査定協会が「中古自動車査定制度運営規程」に基づいて実施する民間資格試験です。この試験に合格すると中古自動車査定士として日本国内の中古車の価格査定が行えます。

中古自動車査定士の主な業務内容は傷、使用年数、走行距離などを適正に判断した上での下取り価格の算出や買取。中古車販売車のほか、リース・レンタル企業やディーラー等に就職する際に役立つ資格です。

中古自動車査定士技能士検定の概要について

中古自動車査定士技能士検定は「小型車査定士」と「大型車査定士」のふたつに分類されます。それぞれ別個の試験であり、取得できる資格も異なります。
また、受験するには一定の条件満たさなければなりません。

■受験資格

[小型車査定士の場合] ・普通運転免許以上の資格を有する者
・自動車販売あるいは整備の実務経験が6ヶ月以上である。
・協会所定の研修(3日間)を修了した者。

[大型車査定士の場合] ・大型第1種運転免許以上の資格を有する者。
・自動車販売あるいは整備の実務経験が6ヶ月以上である。
・協会所定の研修(3日間)を修了した者。

■申込期限と試験日程

[小型車査定士の場合] 申込期限:4月上旬~下旬、9月中旬~10月中旬ごろ。
試験日程:6月中旬ごろ、12月中旬ごろ。(年2回)

[大型車査定士の場合] 申込期限:4月上旬~下旬ごろ。
試験日程:6月中旬ごろ。(年1回)

申込時は下記のものを用意してください。

・技能検定申請書
・写真2枚 (縦40mm×横30mm)
・運転免許証の掲示又は写し
・事業主の証明のある経歴証明書
・「合格証書」又は「技能者手帳」の掲示又は写し。
(整備士有資格者のみ)
・「合格証書」又は「査定士証」 の掲示又は写し。
(小型車あるいは大型車の査定士である場合のみ)

受験料は申請の提出時に支払います。小型車査定士の場合は17.280円です。
大型車査定士の場合は、実施団体までの問い合わせが必要です。
また、申込者が多数の場合は出願期間内であっても受付を終了する場合があります。

■合格発表日
実施団体までの問い合わせが必要です。

■問い合わせ
一般財団法人 日本自動車査定協会ホームページ
一般財団法人 日本自動車査定協会 各事業所

中古自動車査定士技能士検定の試験内容について

中古自動車査定士技能士検定は筆記試験と実技試験によって構成されています。

■学科試験
・中古自動車査定制度
・中古自動車査定基準、加減点基準
・自動車の構造や機能、および取扱い
・保安基準、その他自動車に関する事項
・その他査定に関する事項

■実技試験
・査定の実技

合格率は小型は82.9%大型は98.1%程とされており、難易度はそれほど高くありません。
また、受験種類と異なる査定士資格の所得者や大型車査定士の有資格者は学科資格の一部科目が免除されます。

中古自動車査定士技能士検定合格後の登録について

中古自動車査定士技能士検定に合格した後に登録を行うことで、はれて中古自動車査定士になることができます。その際の条件は、20歳以上であること、古物営業法に基づく自動車販売店に所属していることです。

また資格には3年間という有効期限定められています。
期限内に技能向上研修を受講し、更新を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です