下水道技術検定について

下水道技術検定とは、地方共同法人日本下水道事業団によって実施される公的資格の検定です。全国の主要都市・11か所にて1年に1度実施されています。検定は第1種~3種までの3つの区分に分けられています。下水道維持管理業者登録規程(昭和62年建設省告示第1348号)に登録する場合は第3種の検定に合格し、所定の実務経験年数を積まなければなりません。

合格率の推移は1種が15%ほど、2種・3種は20%ほどとなっており、資格試験としての難易度は標準的なレベルとされています。

下水道技術検定 第1種技術検定について

■受験資格
制限はありません。
受験者に求められるスキルは、下水道の計画設計を行うために必要とされる技術となります。

■申込期限と試験日程
申込期限:7月下旬ごろ
試験日程:11月第2日曜日(9:00~16:00)

■受験料
12,000円

■合格発表日
翌2月上旬ごろ

■試験科目
これらに対する一般的な知識。

①下水道計画
下水道の配置や構造、ならびに能力に関する計画を策定するために必要な知識。
②下水道設計
・下水道や関連する機械設備・電気設備の機能や構造に関する一般的な知識。
・下水道の強度計算および、構造計算に必要な知識。
・下水道工事の施工法に関する一般的な知識。
・下水道の設計図書に関する一般的な知識。
③施工管理法
・下水道工事の施工計画の作成方法および工程管理。
・品質管理
・安全管理
・そのほか工事の施工の管理方法
④下水処理
⑤法規

■合格基準
以下の条件を満たすことが合格基準となります。
・多肢選択式40点以上
・多肢選択式と記述式の合計点数が105点以上

■問い合わせ
地方共同法人日本下水道事業団研修センター 研修企画課
TEL:048-421-2076

下水道技術検定 第2種技術検定について

■受験資格
制限はありません。
受験者に求められるスキルは、下水道の実施設計及び工事の監督管理を行うために必要とされる技術となります。

■申込期限と試験日程
申込期限:7月下旬ごろ
試験日程:11月第2日曜日(9:00~12:15)

■受験料
9,000円

■合格発表日
12月中旬ごろ

■試験科目
これらに対する一般的な知識。

①下水道設計
・下水道や関連する機械設備・電気設備の機能及び構造。
・下水道の強度計算及び構造計算。
・下水道工事の施工法。
・下水道の設計図書。
②施工管理法
・下水道工事の施工計画の作成や工程管理。
・品質管理や安全管理。
・そのほか工事の施工の管理方法。
④下水処理
⑤法規

■合格基準
60問中、おおよそ38~39問以上の正答。

■問い合わせ
第1種の項をご参考ください。

下水道技術検定 第3種技術検定について

■受験資格
制限はありません。
受験者に求められるスキルは、下水道(処理施設、ポンプ施設)の維持や管理を行うための技術となります。

■申込期限と試験日程
申込期限:7月下旬ごろ
試験日程:11月第2日曜日(13:15~16:30)

■受験料
9,000円

■合格発表日
12月中旬ごろ

■試験科目
これらに対する一般的な知識。

①下水処理
②工場排水
・工場・事業場からの排水について。
・排水が下水道に与える影響。
・除害施設の機能及び構造。
③運転管理
・処理施設やポンプ施設の運転やその他管理。
④安全管理
・処理施設及びポンプ施設の安全管理について。
⑤法規

■合格基準
60問中、おおよそ38~39問以上の正答。

■問い合わせ
第1種の項をご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です