一般職試験(大卒程度試験)について

一般職試験(大卒程度試験)とは、国家試験のひとつです。定型的な事務をその職務とする係員の採用を目的として実施されます。
これまで国家公務員Ⅱ種として実施されていた試験にかわって導入された新しい試験です。
合格者の活動できる場所は幅広く、一般行政庁や国立大学、病院等の出先機関の事務局のほか、国立研究所、科学技術庁管轄の研究所でも働くことができます。
ただし採用数は地域によって差があり、関東甲信越地方が圧倒的に多い傾向です。

一般職試験(大卒程度試験)の応募要項について

■受験資格

・ 21歳以上30歳未満の者。
・ 21歳未満で次に掲げる項目に該当する者。

①:大学を卒業した者、および試験の実施年度の3月までに大学を卒業する見込みの者。または人事院がこれらと同等の資格があると認める者。
②:大学または高等専門学校を卒業する見込みの者。並びに人事院がこれらと同等の資格があると認める者。

また、以下に該当する人は試験を受けることができません。

1)日本の国籍を有さない者。
(日本国籍を有するものでも外国の国籍を有する場合は、外務公務員になることができません)
2)国家公務員法第38条の規定により国家公務員になることができない者。
※成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む)
※懲役以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わらない者又はその刑の執行を受けることのなくなるまでの者。
※一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年が経過しない者。
※日本国憲法または、その下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成、または加入した者。

■申込期間と試験日程

申込期間:4月上旬から下旬にわたる約2週間
※申し込みはインターネットより行ってください。(URLは実施先の受験案内をご確認ください)
※申込期限内に申込データを受信完了した者に限り受け付けます。
※申し込みには「事前登録」と「試験別の申込」の2段階があります。

試験日程
・第1次試験日:6月中旬ごろ
・第2次試験日(人物試験):7月下旬~8月上旬ごろ

■受験料
無料

■合格発表日
・第1次試験日:7月上旬ごろ
・最終合格発表:8月下旬ごろ

■問い合わせ
【インターネット申し込みに関するお問い合わせ】

人事院人材局試験課03-3581-5311(内線2935)
※土日祝日は除く。

【そのほか試験に関するお問い合わせ】

・人事院北海道事務局011-241-1248
・人事院東北事務局022-221-2022
・人事院関東事務局048-740-2006~8
・人事院中部事務局052-961-6838
・人事院近畿事務局06-4796-2191
・人事院中国事務局082-228-1183
・人事院四国事務局087-831-4765
・人事院九州事務局092-431-7733
・人事院沖縄事務所098-834-8400

人事院によるホームページは、こちら

一般職試験(大卒程度試験)の試験概要について

一般職試験(大卒程度試験)の試験概要は、以下の通りとなります。

■試験区分
・電気、電子、情報
・機械
・土木
・建築
・物理
・科学
・農学
・農業農村工学
・林学
・行政

■試験の方法

【第1次試験-1】
試験種目:基礎能力試験
出題形式:多肢選択式
出題数と試験時間:全40問・2時間20分
概要:公務員として必要な基礎的な能力(知識および知能)に関する筆記試験。

【第1次試験-2】
試験種目:専門試験
出題形式:多肢選択式
出題数と試験時間:建築33問・2時間/そのほか40問・3時間
概要:区分に応じた専門知識に関する筆記試験。

【第1次試験-3】※行政区分のみ
試験種目:一般論文試験
出題形式:短い論文による筆記
出題数と試験時間:1問・2時間
概要:文章表現力、課題に対する理解力を判定。

【第1次試験-4】
試験種目:専門試験
出題形式:記述式
出題数と試験時間:建築1問・2時間/建築・行政以外1問・1時間
概要:区分に応じた専門知識に関する筆記試験。

【第2次試験】
試験種目:人物試験
概要:人柄や対人能力に関する個別面接。

一般職試験(大卒程度試験)合格者の決定方法について

一般職試験(大卒程度試験)の合格者は、各試験種目の得点を合計したもので決定します。
得点についての考え方は試験種目ごとの平均点や標準偏差を用いて算出。
人物試験については、各受験者をA~Eの5段階で評価します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です