レターライティングマスターの口コミと評判まとめ

レターライティングマスターの口コミと評判を元に、詳しく解説しています。

レターライティングマスターの資格は人気の高い資格として有名ですが、そのための勉強は少し大変です。

大変ではありますが、自己鍛錬がしやすいという評価が定着している資格でもあります。

文章は人を表すと言われるように、その人の個性と人柄が読み取れてしまうという特徴を持っています。

こうした特徴を逆手に取り、自分なりの文章を組み上げていく。

そして正しい言葉という枠組みの元に、一つ一つの文章を綺麗に見せていく。

そうして仕上がった手紙というのは、相手に与える印象が今までの物とは大きく異なります。

難しく考えるのではなく、まずはこういった目下の目標を持つ事でレターライティングマスターの資格は取得しやすくなります。

 

レターライティングマスターとは?

レターライティングマスターとは、日本デザインプランナー協会が認定試験を行っている資格になります。

メールやSNSでのやり取りが主流になってきている現代において、手紙という形式での意思表示・意思疎通は非常に重要な役割を担っています。

レターを使うタイミングや状況というのは、その人の時と場所によって異なりますが、形として残るという点は全てにおいて共通している事柄です。

恥を残した過去がある方もいるでしょうし、最初の一文すら納得いかない現状を持っている方もいるでしょう。

それらを解決するためには、明確に相手に意思を伝えるための技術が必要になってきます。

その技術があるのか。

また、そもそも季語や敬語、文法といった基礎ができているのかを問われる事になるのが、レターライティングマスターという資格でもあるのです。
手紙資格のレターライティングマスターはこちら

レターライティングマスターの口コミ評価

レターライティングマスターは口コミで広まり、講師をされている方が宣伝を常々行った事で、より多くの方が関心を寄せる資格になりました。

元々ペン習字等の資格を取得されていた方が、今度は文章の書き方やまとめ方を勉強したいという事で、評判を集めた資格でもあります。

意外とレターライティングマスターのように、書き方のノウハウを正しく勉強させてくれる資格というのは、そこまで多くはありません。

そういった貴重さから注目を集めている一面を持っている資格でもありますので、中には人に自慢できる資格という認識を持っている方もいます。

 

レターライティングマスターで講師になろう!

レターライティングマスターは講師として活動する事ができる資格です。

既に文章の正しい書き方講座等が各地で開催されていますが、ネットでスクールを開校している方も少なくありません。

そうした講師活動に必要な資格としても知られていますが、レターライティングマスターは就職にも有利に働いてくれます。

文章力が必要とされる仕事は数多くあります。

例えばライター。

専属ライター募集はよくされていますし、正しい季語や文節力を持っているレターライティングマスターは、コピーライターとしても活躍する事ができます。

指導者として活用するのはちょっと……という方でも、自身のスキルとして活用できる機会が、想像されている以上に多いという事を是非覚えておいてください。

 

レターライティングマスターになるためには

レターライティングマスターになるには、日本デザインプランナー協会の認定試験に合格する必要があります。

申し込みはインターネットから可能です。

受験料は10,000円。

実際の試験は在宅受験が行われます。
手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です