レクリエーション・コーディネイターについて

レクリエーション・コーディネイターとは、公益財団法人 日本レクリエーション協会による公的資格です。レクリエーション・コーディネイターの役目は、人材や資源のネットワーク力や、事業の企画・展開力、事業を成功に導くグループリーダー力を育て、組織や団体を活性化させることにあります。資格取得を通してマーケティング能力や企画力、マネジメント能力など幅広いスキルを身につけることができるのが特徴です。

資格取得者の主な活躍の場は、小中学校やNPO法人、地方組織や総合型スポーツクラブなど。いずれもレクリエーションプログラムや企画の運営能力が問われる場面でスキルを発揮しています。

レクリエーション・コーディネイターの募集要項について

レクリエーション・コーディネイターの資格は、講習の受講と修了考査によって取得することができます。
講習に関する募集要項は、以下の通りです。

■受講資格
下記のいずれかに該当する必要があります。

①レクリエーション・イントラクター養成講習会を受講予定、受講中、もしくは修了していること
※「レクリエーション・インストラクター養成講習会」などで、理論や実技の単位(51時間)を履修後、資格の登録申請をしていない場合は、レクリエーション・コーディネーターの養成通信教育課程の際、レポート課題が1科目追加されます。

②レクリエーション・インストラクター資格を保有している方

③福祉レクリエーション・ワーカー資格を保有している方

■申込期間と受講期間
申し込みに関しては随時受け付けています。毎月20日までに申し込みした場合は、翌月1日を学習開始日とし、年間いつからでも受講が開始できます。
受講期間は学習開始日から3年後の3月末日までです。最短では、1年程度で終了できます。

■申し込み方法
受講申請書を実施先から取り寄せるか、ダウンロードしてください。
ダウンロードは、こちらからできます。(PDF形式)

受講料の納付方法や必要書類の詳細、受講申請書の送付先は下記の参考リンクをご確認ください。
参考:受講申し込みについて

■受験料
50,000円
減額措置該当者の場合は、45,000円となります。

■合格発表日
実施先までご確認ください。

■お問い合わせ
公益財団法人 日本レクリエーション協会
レクリエーション・コーディネーター養成担当
TEL:03-3265-1369
FAX:03-3265-1245
E-mail:jinzai@recreation.or.jp

レクリエーション・コーディネイターの受講内容について

レクリエーション・コーディネイターの講習で実施される内容は、以下の通りです。

■共通科目
① レクリエーションに関する基礎的知識・支援技術
② 活動領域および支援対象の理解
③ レクリエーション・コーディネート技術
④ レクリエーション・コーディネート演習
⑤ 現場実習

講習はA、B、Cと3段階に分かれ、それぞれ2日間にわたって実施されます。
それぞれの講習の前には事前課題が出されるほか、この期間に8回のレポート課題が出されます。
レポートの課題はテキストの内容に即したものになっており、レポートの内容によって合否が決まります。

このほか通信教育課程も設けられており、最後に資格認定審査が実施されます。
資格認定審査は、例年3月上旬が実施予定時期とされています。
また、この審査が受けられるのは20歳以上の者となります。

レクリエーション・コーディネイターの免除制度について

レクリエーション・コーディネイターでは、以下の資格の保有者は一部科目の受講や受験が免除されます。

■免除対象者となる資格
①野外活動指導者1級・・具体的には以下のものが該当します。
・キャンプディレクター1級
・オリエンテーリングディレクター1級
・サイクリングディレクター1級
・ホステリングディレクター1級
②スポーツリーダー
③アスレチックトレーナー
④スポーツプログラマー
⑤上級コーチ、コーチ
⑥上級スポーツ指導員、スポーツ指導員
⑦上級教師、教師
⑧クラブマネジャー、アシスタントマネジャー
⑨スポーツ栄養士
⑩大学・専門学校における適応課程履修者
※修了課程に応じて、基礎科目の受講・受験を免除します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です