ヨガ資格人気ランキング

ヨガ

はじめに

つい最近の話題としては、俳優兼画家でもある芸能人が、インド政府公認プロフェッショナル・ヨガ検定に合格し、ヨガ親善大使になった例がありました。ヨガは古代インドから伝承されている、宗教と瞑想を組み合わせた独特の精神統一の手法です。現在のフィットネスでは、こうした伝統的なヨガから、瞑想に使うポーズを中心として、宗教色を取り除いたエクササイズとして親しまれています。美容と健康に合わせて、柔軟な体づくりをするこのヨガにも、今では様々な資格が登場しています。

1位 美ヨガライフセラピスト

宗教的な要素を排したヨガのストレッチやエクササイズに、セラピーの要素を加えてアレンジしたのが美ヨガライフセラピストです。セラピーとは民間療法の一つで、アロマやボディマッサージ、一種の民間心理療法を取り入れたものです。現代のストレスや疲労によって、失われつつある美容に関して、新しいアプローチをするこのヨガ資格は、今現在非常に高い関心をもって、注目をされています。
ヨガ資格の美ヨガライフセラピストはこちら

2位 美ヨガライフインストラクター

一般的なヨガ教室は、インド発祥の本格的なスタイルから、一切の心理療法や精神的アプローチを排除した、オリジナルなヨガストレッチまで幅広く世間には存在します。人それぞれのライフスタイルに合ったヨガというのは、個人ではなかなか見つけられないものです。美ヨガライフインストラクターとは、そうした現状に滝切にアドバイスを行い、ヨガの効果を上手に生活に取り入れるお手伝い、アドバイスを行う存在です。
ヨガ資格の美ヨガライフインストラクターはこちら

3位 全米ヨガアライアンス

20世紀以来、ヨガは国際的に認知度が高まり、その応用とアレンジが最もよく発達したのはアメリカでした。全米には、大きな2つのヨガの団体が1990年代に存在していました。その2つが合併する形で誕生したのが、全米ヨガアライアンスという協会です。広く普及したヨガのスタイルを、より洗練し、質の高いものにするため、インストラクターの養成、ヨガ教育者の育成に、一定水準のカリキュラムを定めて普及を促進するために誕生しました。全米ヨガアライアンスのカリキュラムは、一般的な大学と同じような1単位制を導入、あるいは短期集中講座などの開催で、留学することで資格を所得することが出来ます。ヨガの基本であるアーサナなどの呼吸法、瞑想の基本から、伝統的な民間医療、心理療法のアーユルヴェーダ、機能解剖学まで幅広く学びます。より本格的なヨガインストラクターなどを目指すなら、今では必須となる資格として認知されてきています。

4位 AJYAヨガインストラクター

日本においては、ヨガは民間医療分野ともいえるジャンルですので、個人から団体まで数多い組織やグループが存在します。そこで、全米ヨガアライアンスの必須ヨガ養成コースと同等の養成、教育を実施しているのが、一般社団法人 全日本ヨガ協会です。その協会が実施するAJYAヨガインストラクター養成コースは、200時間の養成講座受講で、本格的で実践的なヨガインストラクターの資格を得ることが出来る、信頼された教会認定のインストラクター養成講座です。これは全日本ヨガ協会認定校として全国にある、ヨガスクール、ヨガスタジオで体験から有料コース受講で所得出来るようになっています。

まとめ

現代社会においては、男女共家庭を持っていても、それぞれ仕事を続ける方が大半ではないでしょうか?そうした忙しい生活スタイルの中では、運動が健康には必要と思っても、それを確実に実践するのは難しい環境にあるとも言えます。ヨガの資格は、インストラクターだけではなく、室内で正しいヨガの実践が行える点でも、今は非常に人気が高いのです。中でもダイエットから、美しい身体を形作ってアンチエイジングとして多く活用されています。それまでは病気をしない健康的な体ならOKでしたが、今はそれに「より美しく」が大きなテーマです。ヨガの資格は、そういった意味で一般の人でも資格を所得しようとした動きが広まっています。
ヨガ  ヨガ