メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験口コミ評判

音楽は時に癒され、時に気持ちを明るく前向きにもしてくれる存在です。音楽を聴くことも、音楽を動かすことも、どちらも心に栄養をあたえます。

音楽を通じて社会で活躍したいと思ったら、メンタル心理アドバイザーの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

メンタル心理ミュージックアドバイザーは、音楽療法として、依頼者の状態、気分、能力に合った音楽の提案、悩みや問題解決に向けたアドバイスなどを行います。相手の心に寄り添える、現代にとても必要な存在です。音楽はだれでもすぐに取り入れることができます。楽器を使わなくても、手拍子や足踏み、声を出すことで身体が楽器になります。音楽の好みは人によって違います。相談者や依頼者の状況や精神状態に合わせて音楽を選択することが、メンタル心理ミュージックアドバイザーとしての楽しみでもあり、課題でもあります。
音楽療法資格のメンタル心理ミュージックアドバイザーはこちら
メンタル心理ミュージックアドバイザーに必要なことは、カウンセリングの中で、依頼者が好きな音楽やリズム、心が落ち着く音楽やリズム、今日の気持ちやテンション、そして依頼者が抱えている問題や悩みを打ち明けてもらえる雰囲気、コミュニケーション能力を持つことが大切です。

試験を受けるには

日本メディカル心理セラピー協会では、様々な認定試験を実施しています。

2ヶ月に一度のペースで試験が行われていますので、年6回、受験のチャンスがあります。

申し込みは、インターネットから行います。

受験料は税込10,000円です。受験資格はありませんので、どなたでも受験することができます。

日本メディカル心理セラピー協会では在宅受験の形式をとっていますので、会場まで足を運ぶ必要はありません。

期間内で都合の良い日を受験日に選ぶことができますので、予定が立てやすいのが嬉しいですね。

受験に向かっては、通信講座や資格取得のための専門学校に通うことをおすすめします。コミュニケーションが大切なメンタル心理ミュージックアドバイザーですので、専門学校など通学制の講座に参加してみるのは能力向上にもつながると思います。

合格するには

70%以上の評価を受けることが、合格の条件となります。

在宅受験ですから、きちんと準備をし、落ち着いて試験に臨めば、十分合格できるでしょう。

合格すると、合格通知が受験の1ヵ月後に郵送されてきます。

そして、合格認定証と認定カードを発行することもできます。それぞれ税込み5,500円が必要となります。

合格通知でも証明にはなりますが、よりきちんとした証明として、発行してみてはいかがでしょうか。

メンタル心理ミュージックアドバイザーとしての活躍

自宅やカルチャースクールなどで講師活動をすることができます。

メンタル心理ミュージックアドバイザーとして介護施設やリハビリセンターなどの福祉施設、精神科や障害をもった方や児童に対するカウンセリングを行うということもできます。

そのような施設や医療機関への就職の際に役立てることもできると思います。また、すでに勤務しながら、幅を広げるために資格を取得していらっしゃる方も多いようです。

音楽は、言葉が通じなくても世界共通につながっています。そのようなツールを活用してのコミュニケーションを図る資格、すごく素敵ですね。
音楽療法  音楽療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です