メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験口コミ評判

ストレス社会といわれている現代では、大きさに関係なく、どんな人でもストレスを抱えているといわれています。ストレス発散法や解消する方法を自分で見つけ、バランスをとっている人は、生活に影響するほどのストレスを抱え込むことは多くはないでしょう。しかし、発散がうまくできなかったり、予想以上に強いストレスが襲ってきた場合、対処できなくなることもあるでしょう。

アメリカなどでは、かかりつけ医がいることが多く、メンタルに影響する出来事があった場合でも気軽に、カウンセリングを行うことができます。日本は、まだそこまで日常的にカウンセリングに通ったり、心理セラピーを受けたりということは進んでいません。しかし、徐々に様々なカウンセラーの資格が存在し、心のケアを行う学校や企業もとても増えています。

そんな中で、心理学を活用して、様々なストレスからくると思われる症状を和らげ、解決方法を探り解決に導く、メンタル心理ヘルスカウンセラーという資格があります。

メンタル心理ヘルスカウンセラーは、ストレスや悩みなど、心への過度な負担によって引き起こす身体への影響や症状に対して深い知識を持っており、症状別に治療方法を十分に理解した上で、心理学を用いてカウンセリングを行い、治療をしています。

日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催しているメンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験は、心理学の基礎知識を身につけ、ストレスから起きる様々な症状、それに応じた治療方法を十分に理解して、カウンセラーとして通用すると認定された方に与えられる資格です。

試験について

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験は、2ヶ月に一回、年6回の受験の機会があります。
カウンセラー資格のメンタル心理ヘルスカウンセラーはこちら
試験はインターネットから申し込み、受験の形式は在宅受験です。

申し込み後、自宅に受験票や試験問題、解答用紙が届きます。試験期間内の都合が良い日に、自宅で受験することができます。

2ヶ月ごとに機会があり、自宅で受験できますから、忙しい方でも予定が立てやすいですね。

受験料は税込み10,000円です。受験資格は特にありませんので、どなたでも受験できます。

資格取得のために学ぶ教材は、独学よりも通信講座を受講することがおすすめです。また専門的な学校に通ってじっくり学ぶという方法もありますので、自分の目的やライフスタイルに合った方法で勉強を進めることが一番です。

合格と評価

70%以上の評価を受けるが、資格の認定を受ける条件となっています。

簡単ではありませんが、努力すれば合格できるレベルです。

合格しますと、1ヵ月後に合格通知が自宅に届きます。

また、有料なのですが、合格認定証と認定カードを発行することもできます。

それぞれ税込み5,500円が必要となりますが、人に見せられるきちんとした認定証を持っておくことは、カウンセラーとして大切かもしれませんね。

メンタル心理ヘルスカウンセラーとして

精神科のある病院などの医療機関で働くことができます。また、企業カウンセラーや学校などのスクールカウンセラー、介護老人福祉施設などで活躍しています。また上記のような機関で働きながら資格を取得し、メンタル心理ヘルスカウンセラーとしてではないものの、コミュニケーションなどに活かしているという方も多くいらっしゃいます。

色々な方法で、目の前にいる相手に寄り添ったケアができる人になりたいですね。角度を変えて物事を見られるようにもなるこの資格は、取得することで生活の中にも活かすことができそうです。
メンタル心理カウンセラー  メンタル心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です