メンタルハーブ検定について

メンタルハーブ検定とは、ハーブやアロマのメンタル面における作用に重点を置いた検定試験です。なおこの資格は、NPO法人日本ハーブ振興協会による民間資格となります。主な受験対象者は、ハーブ初心者です。ハーブとメンタルの関係の初歩的な知識を身につけ、自分自身や家庭、職場で役立てたいと考えている人に適した資格となっています。

初心者向けの検定試験なので、この資格のみで就職を狙うことは難しいのが現状です。しかし、ここで身につけた知識や技能に磨きをかけ、日本ハーブ振興協会によるさまざまな認定資格制度に挑戦して上位資格を取得すればビジネスにつなげることも可能となります。

メンタルハーブ検定の資格取得までの道のりについて

メンタルハーブ検定の資格を取得するには、まず検定試験を受験し、合格しなければなりません。合格者は実施先に登録手続きを行います。主な手続きの内容は、年間登録料振り込みと、登録申込書の提出です。
ハーブ資格のメディカルハーブカウンセラーはこちら
ハーブ資格のハーブライフインストラクターはこちら
登録手続きを行うことで資格登録が完了し、はじめてメンタルハーブ検定の資格を取得したことを証明できるようになります。

メンタルハーブ検定の応募要項について

メンタルハーブ検定の試験時期や受験料といった概要は、以下の通りです。

■受験資格
特に制限はありません。どなたでも受験できます。

■試験時期
例年3月、7月、11月ごろに実施しています。

■申し込み方法
実施先ホームページ検定申し込みフォームから手続きを行うか、事務局までお問い合わせください。

■受験地
東京、大阪

■受験料
5,000円

■そのほかの費用
年間登録料:3,000円
※入会金は必要ありません。

■合格発表日
実施先へお問い合わせください。

■問い合わせ
NPO法人日本ハーブ振興協会
〒170-0013東京都豊島区東池袋2-23-2UBG東池袋ビル4F
TEL:0120-802-459
FAX:0120-936-110
e-mail:info@npo-nha.jp

メンタルハーブ検定の試験内容について

メンタルハーブ検定は、学科試験のみの実施となります。問題形式は四者択一で、出題数は35問です。また試験時間は45分となります。出題範囲は以下の通りです。
※出題範囲は受験年度によって変更されることがあります。受験の際には細心のガイドラインをご確認ください。

■出題範囲
1)セルフケアの必要性・セルフケアの実践
・セルフケアとは
・アプローチの仕方(内用、外用、マインド、リズム)

2)メンタルケア
・ストレスとは
・ストレスによる健康障害
࣭・メンタルヘルスケアの現状と必要性
・ワークライフバランスについて ࣭
・最近多く見られる心の病

3)ハーバルセラピー
・ハーブ、スパイス、精油
・多くなるトラブル、アプローチ
・四季の処方箋

4)11種類のハーブ概論
11種類とは、ジャーマンカモミール、セージ、セントジョーンズワート、パッションフラワー、ペパーミント、ラベンダー、リンデンフラワー、レモンバーム、ローズ、ローズヒップ、ローズマリーとなります。

概要として、科名や別名、和名、原産地、使用部位、形状、主成分のほか歴史や注意事項などが問われます。
ハーブハーブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です