マンション管理士について

マンション管理士とは、国家資格のひとつであり、マンションの管理組合運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等、またはマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行う専門知識を有するスペシャリストのことです。

マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録する必要があります。

マンション管理士試験の受験要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年1回実施)
試験日程:11月下旬ごろ
申込期間:9月上旬~下旬ごろ

※受験案内書は8月上旬ごろから配布されます。

■申し込み方法
受験料を「公益財団法人マンション管理センター」が指定する払込用紙などを使い、ゆうちょ銀行・郵便局の振替払込、または銀行の振込により納付し、受験申込書類を申込期間中に(当日消印有効)公益財団法人マンション管理センターへ郵送してください。

■受験料
9,400円

■合格発表日
1月中旬ごろ

■お問い合わせ
公益財団法人マンション管理センター
〒101-0003
東京都千代田区一ツ橋2-5-5岩波書店一ツ橋ビル7階
TEL:03-3222-1611(試験案内専用電話)

大阪支部はこちら。
〒541-0042
大阪市中央区今橋2-3-21藤浪ビル3階
TEL:06-4706-7560

マンション管理士試験の試験内容について

マンション管理士試験は、四肢選択によって全50問出題されます。試験時間は、2時間です。出題範囲は、以下の通りとなります。

■マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
・建物の区分所有等に関する法律
・被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法
・マンションの建替えの円滑化等に関する法律
・民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)
・不動産登記法
・マンション標準管理規約
・マンション標準管理委託契約書
・マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等) など。

■管理組合の運営の円滑化に関すること
・管理組合の組織と運営(集会の運営等)
・管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)
・管理組合の苦情対応と対策
・管理組合の訴訟と判例、管理組合の会計など。

■マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
・マンションの構造、設備
・長期修繕計画
・建物、設備の診断
・大規模修繕 など。

■マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
・マンションの管理の適正化の推進に関する法律
・マンション管理適正化指針 など。

なお合格ラインは、50問中、38問以上正解となっています。

マンション管理士の資格更新について

マンション管理士では、資格の有効期限はありませんが「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」(平成12年法律第149号)第41条に基づいた、公的財団法人 マンション管理センターによる国土交通大臣の登録を受けた講習を受講する必要があります。なお、受講時期は5年ごとです。

受講料は税込みで16,300円となり、開催地は札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市となります。(そのほかの開催地に関しては実施先へお問い合わせください)

受講に関する案内や講習科目の詳細は、こちらをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です