マンションリフォームマネージャーについて

マンションリフォームマネージャーとは、管理組合が支援を受けることが有用な専門的知識を有する者として国土交通省の『マンション標準管理規約』によって認められたものが有する民間資格です。平成4年度の創設以来、約10,200人が資格を取得しています。

平成26年末に分譲マンションストック戸数の推計値が610万戸を超えるなど、近年マンションは急増の傾向にあります。そのためマンションリフォームが重要視されているので、マンションリフォームのスペシャリストであるこの資格のニーズは今後高まることが期待できるでしょう。

マンションリフォームマネージャーになるには、学科試験と設計製図試験(同日実施)を受験し、合格する必要があります。

マンションリフォームマネージャーの受験要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年1回実施)
試験日程:10月上旬ごろ
申込期間:7月下旬~8月下旬ごろ

■受験料(税込)
14,000円
前年度・前々年度に学科あるいは設計製図試験に合格している場合は10,800円となります。

■合格発表日
12月上旬ごろ

■受験地
札幌、東京、名古屋、大阪、福岡

■免除制度
学科試験、設計製図試験いずれに合格した場合、申請によって翌年度、翌々年度に合格した試験が免除されます。

■お問い合わせ
公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター
TEL:03-3261-4567

マンションリフォームマネージャーの学科試験について

マンションリフォームマネージャーの学科試験は、4肢択一式でマンションリフォームに関する専門知識を問います。試験時間は120分、出題数は全50問です。

■試験内容
1)計画・基礎知識
・住宅建築に関する基本事項
・マンションの歴史に関して
・マンションの計画に関して
・マンションリフォームに関する基本事項

2)法規、規約、制度
・区分所有法(標準管理規約を含む)
・マンション管理適正化法、建築基準法(用語の定義、申請・手続き、一般構造、避難施設、耐火構造・準耐火構造・防火区画等、特殊建築物等の内装、建築設備)
・住宅の品質確保の促進等に関する法律
・建築士法
・建設業法
・消防法
・建設リサイクル法
・省エネ法
・消費者契約法その他のマンションリフォームに関する法令など

3)マネジメント
・調査と診断
・企画
・見積と契約
・施工管理
・相談と紛争処理
・資金計画
・アフターケア
・その他マンションリフォームのマネジメントに関すること

4)住戸内各部のリフォーム
・工事内容と材料、施工
・一般居室、水回り等におけるリフォームの設計・施工
・マンションリフォームにおける高齢社会対応、シックハウス対策、省エ
ネルギー改修、防犯性の向上など

5)設備のリフォーム
・住戸内設備と共用設備の基礎知識
・設備の経年劣化と管理・診断・清掃
・マンション設備システムを構成する設備部品(配管を含む)
・設備リフォームの設計・施工に関すること

マンションリフォームマネージャーの設計製図試験について

マンションリフォームマネージャーの設計製図試験では、マンションリフォームのプランニングに関する問題が出題され、マンション専有部分にかかるリフォームの設計図書の作成(平面図および留意事項説明)を行います。試験時間は180分で、出題数は全1問です。

受験年度ごとの課題が受験申込書の配布と同時に公表されますので、必ず実施先ホームページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です