ペン字手紙資格ランキング

美しい文字や文章を書けるという事は、仕事でも日常生活でもとても大切なことです。言葉だけでは伝えきれない事を美しく綺麗な文字や文章で伝える事でコミュニケーションの幅が広がってきます。社会人になると美しい文字や文章を書く事で他の人から良い印象を持たれることも多く、大人になってから資格取得する人が多いのも特徴です。

1位 レターライター

美しく綺麗な文章の手紙は貰った人にも喜ばれます。敬語や季節の言葉などがほど良く散りばめられた文章は日本人の心が伝わります。

美しい文章を書くという事は今も昔も女性のたしなみの一つだと思われています。

会社の得意先へのお礼状や、挨拶状など文章を書く機会は女性は多く、そんな時美しい文章を書くだけで評価が高くなります。

レターライターはそんな美しい文章を書きたい女性には人気の資格です。レターライターの資格を取得すると、カルチャースクールや自宅での講師の他に企業などへもレターライターとして呼ばれることもあるのです。
手紙資格のレターライターはこちら 

2位 手紙文章ライター

手紙文章ライターとは日本インストラクター技術協会が認めた資格です。手紙文章ライターは文章を作る仕事です。ビジネスメールをはじめ、招待状や案内状などを作る際も手紙文章ライターのスキルがあれば、仕事場でも活躍できます。また、手紙文章ライターは文章構成能力のスキルもつくため、企画書や提案書、または論文やレポートなどを書くときにも役立つ資格として注目を集めています。さらに、最近はインターネット上でのライターとしての需要も多くさまざまなシーンで活躍する事ができるのです。

3位 硬筆書写検定(ペン字検定)

硬質書写検定とはもともとは昭和39年にペン字検定としてスタートしました。ペン字としてのイメージの方が強いですよね。平成2年にペン字検定から硬質書写検定に名称が変り、現在に至っています。硬質書写検定は5級~1級までの級位があります。5級は小学校5年生レべルの漢字と平仮名の文章で初級レベルです。1級は大学、一般レベルとされ硬質書写の最も高度な知識と技術が要するかなり難しい級位になります。
手紙の書き方資格の手紙ライター
低い級位取得には通信教育でも取得する事ができるため、高齢者の方が趣味の一つとして勉強されることが多いのです。準1級レベルになると独学や趣味の範囲ではなかなか勉強するのは難しくなるため、教室に通うか専門の指導者に教えてもらわなければ難しくなります。

硬質書写検定資格は一般人は2級を取得すれば十分だとされていますが、1級を取得すると自宅で教室をしたり、カルチャースクールで講師として活躍することができます。

本格的に自宅で教室を開き先生になることを考えている人は、理論も実技も必要となるため時間と費用もかかってくることを視野に入れて計画をもって勉強していく事です。

パソコンが主流となってる最近ですので、硬質書写を習いたい生徒の集客がどこまで見込めるか試算していくことが重要です。

一般的に綺麗で美しい字が書きたい、就職するまでにもう少し字が上手くなりたい、女性のたしなみとして綺麗な字を書きたいという人は3級程度をめざし楽しく勉強します。
手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です