ベタリナリー・テクニシャン(VT)について

ベタリナリー・テクニシャン(VT)とは、NPO法人日本動物衛生看護師協会による認定資格のひとつです。日本語にすると「動物医療技術師」という意味であり、この資格は民間資格となります。

ベタリナリー・テクニシャンの資格を取得すると、動物科学や動物医学の専門知識を活かして、コンパニオンアニマルの医療・看護・健康管理・飼育やアニマル・アシステッド・セラピーなどに携われることや、指導的立場で活動するための知識、技術、人格を有することが客観的に証明されます。

ベタリナリー・テクニシャンの主な活躍の場は動物衛生看護師です。このほか動物園の飼育技術者やアニマルセラピストとして活躍する人もいます。またペット関連の雑誌を扱う企業で雑誌政策に携わる人もいるようです。ペットにかかわる仕事がしたい人や動物全般の世話がしたいという人には特に適した資格といえるでしょう。

ベタリナリー・テクニシャン(VT)の受験資格について

ベタリナリー・テクニシャン(VT)のライセンス試験を受けるには、下記いずれかの受験資格を満たす必要があります。一定の学習経験や実務経験が必要なので、この資格を取得するまでにはある程度の年数がかかると考えておく方が良いでしょう。

1)アニマル・ヘルス・テクニシャン(動物衛生看護師)の資格を有し、協会が指定する、動物看護に関する1年以上の課程を有する短期大学(専攻科を含む)、大学(大学院を含む)を卒業もしくは修了した者(卒業もしくは修了見込者を含む)、または2年以上の実務経験を有する者

2)資格認定委員会が学習及び実務に於いて同等と認め、20歳に達した者

ベタリナリー・テクニシャン(VT)ライセンス試験の応募要項について

ベタリナリー・テクニシャン(VT)ライセンス試験の試験日程や費用といった応募要項は、公表されていません。実施の際には別途発表されるため、実施先の公式サイトを随時ご確認ください。なお公式サイトのURLは以下の通りとなります。

参考URL:http://jahta.or.jp/index.html

そのほか、詳しいお問い合わせについては、下記連絡先よりご確認ください。(専用フォームによる連絡推奨)

■お問い合わせ
NPO法人日本動物衛生看護師協会
〒151-0063東京都渋谷区富ヶ谷2-14-8-201
TEL&FAX:03-5454-2531

お問い合わせフォームは、こちら

ベタリナリー・テクニシャン(VT)ライセンス試験の試験内容について

日本動物衛生看護師協会によるほかの認定資格のライセンス試験は、「筆記」「実技」「面接」の3つの方法によって実施されているのに対し、ベタリナリー・テクニシャン(VT)のライセンス試験は、「面接」と「論文審査」にて実施されています。試験範囲はアニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)の各項目(専門研究科目)と同一です。

■アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)の各項目
・生命倫理と職業倫理
・動物と衛生に関する法規
・ヒトと動物の共通感染症、疾病の知識
・動物看護に関する知識と技能
(臨床検査・診察補助・動物看護・救急看護・手術補助・動物医療機器、薬物、栄養学等)
・動物の特性、形態機能等に関する知識
・病院受付業務
・飼い主指導とアドバイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です