ブリーダー資格人気ランキング

ブリーダー

はじめに

ペットブリーダーとは、ペット動物をペアで飼育し、繁殖させてそれを販売したり、ペット事業会社に生体を卸したりする職業のことです。犬猫他、多くのペットは野生動物とは違って血統は改良によって、各種違った個体を掛け合わせて作出されていますので、ただ増やすだけではブリーダーではありません。また犬猫の場合、1頭から産める個体数は決まっており、その中でその血統の姿、毛並み、眼の色などのスタイルに適合したものだけが、その種類を名乗ることが出来ます。またブリーダーは日本ケンネルクラブなどの、血統書申請を行う個人事業及び、事業者でもあるので、ペット業界では基礎の基礎にあたる職種と言えます。

1位 ペット繁殖インストラクター

ペットの交配では、血統の証明から輸入個体に関する知識や経験、犬猫の繁殖周期と先天性疾患の可能性がある、元来原種からかなりの数の交配によって、作出された品種があるので、そうした専門知識が必要となります。 ペット繁殖インストラクターは、そうした総合的な「知識」を有していることを証明する資格です。犬猫の場合は、個体によって繁殖するには経験が必要で、その個体特有の病気や先天的特徴があるので、現代の高まり続けるペット需要からすれば、非常に重要な資格となるかもしれません。
ブリーダー資格のペット繁殖インストラクターはこちら

2位 犬・猫ペットブリーダー

多くの犬猫飼育経験者が、最終的に繁殖家となるのは、飼育経験の最終目標かもしれません。現在犬猫の販売に関しては規制があり、生後2か月以下は販売も取引してもいけません。また犬の場合は特に、ジステンパーなどの感染性疾患は、個体の親から受け継いだ免疫抗体に影響を受けるため、成犬でのこうした伝染病の知識と対処の経験が無ければ、動物虐待となります。昔から犬猫ブリーダーは個人事業種が多いのですが、最近では犬種、描種の種類別に、専門性を持ったブリーダーが主体となっています。また多くは個人事業者なので、税金や経理の知識も備え、場合によっては、血統種の個人輸入経験も必要とされる場合があります。近年では犬猫のブリーダーは経験者が高齢化により、廃業となるケースが多いため、日本では特に需要と供給では供給不足の状態です。またこうしたブリーダーの多くは、大手ペット事業者と提携した契約ブリーダーとなる事も多いため、交渉術や商才もかなり必要となります。
ブリーダー資格の犬・猫ペットブリーダーはこちら

3位 ブリーディング技能師

犬猫では特にそうですが、単に繁殖期の犬猫を合わせれば良いという単純な方法ではなく、どちらかと言えば、家畜繁殖などの知識がかなり必要となります。そのため、ある程度は獣医学の知識も備えている必要があり、小型犬では常に先天性の骨格形成とか、決まった毛並みやカラーについての豊富な知識が無ければ、一人前のブリーダーととはなれません。なかなかハードルが高い業種なので、技能的に技術をよく勉強しておく必要があるでしょう。経験を重ねると言っても、単に数多くの繁殖を経験していただけでは、所謂「良質な個体」作出は出来ないからです。こうしたブリーダー養成の技術として、ブリーディング技能師は、教育の補完として活躍が期待されます。

4位 ペット繁殖指導員

一般的な家庭でも、最近ではオスメスペアで飼育し、「そのうち繁殖にチャレンジしたい」というご家庭も多いはずですよね。ペット繁殖指導員とは、正しい犬猫やペット動物の繁殖期や妊娠期間、排卵期や受精してからの注意点などの知識を備えた指導員です。やや獣医師の知識も必要で、幼生個体は免疫力が弱いために感染症にかかりやすく、またその個体が発症しなくても、別の動物に感染する場合もあります。衛生面、管理面、飼育に関しても、一般的な幼体を単体で飼育するのとは違って、繁殖家は複数のペアの面倒を見ることも多いです。正しい繁殖方法を知ることは、その品種の血統を守ることにも繋がります。今一番求められる資格の一つが、このペット繁殖指導員ではないでしょうか。

まとめ

誰もが一度はチャレンジしたい、ペットのブリーディングですが、その知識や経験は動物保護の観点からも、一般の方も是非身に着けておきたいものです。特に今では、不用意に繁殖させてしまった個体が、飼育しきれず保健所に回され、そこで処分されるケースが後を絶ちいません。こうした負の連鎖を止めるには、避妊の重要性と同時に、その血統を自家繁殖させて他人に譲るなど、動物愛護の観点から今一番重要度が増しているのが現状です。動物の命の大切さを知るなら、やはり自分でブリーダーとなるのが、実は最もわかりやすいものです。興味があれば、ペットブリーダーを目指すのも悪くは無いでしょう。海外ではこうした手法は一般的なのです。
ブリーダー  ブリーダー