ブライダルプランナー検定(ABC協会認定)について

ブライダルプランナー検定とは、挙式や披露宴のプランニングや当日の進行などをサポートするブライダルプランナーに必要な知識や能力を認定する資格試験です。なお、この資格は民間資格となり、検定試験はABC協会(全米ブライダルコンサルタント協会)によって実施されています。

ブライダルプランナーという資格が日本で知られるようになってからまだ日が浅いため、日本ではまだ有資格者が少ないですが、近年は挙式や披露宴が多様化しているため、今後ますますニーズが高まると考えられています。中にはフリーランスで活躍したり、海外で活躍する有資格者もいます。

なおブライダルプランナー検定は、難易度別に1級と2級の等級が設けられています。

ブライダルプランナー検定の応募要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年2回実施)

【1級】
夏期試験:7月上旬ごろ
申込期間:4月下旬~6月上旬ごろ
合格発表:9月上旬ごろ

春期試験:3月下旬ごろ
申込期間:1月中旬~2月中旬ごろ
合格発表:5月下旬ごろ

【2級】
秋期試験:9月上旬ごろ
申込期間:6月中旬~7月中旬ごろ
合格発表:10月上旬ごろ

冬期試験:1月中旬ごろ
申込期間:10月中旬~11月下旬ごろ
合格発表:2月上旬ごろ

■受験料(税込)
1級:15,000円
2級:10,000円

■お問い合わせ
ABC協会認定
ブライダルプランナー検定事務局

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-10
オークラヤビル2F
MAIL:info@bridalplanner.jp
TEL:03-5925-6548
FAX:03-6692-3431

ブライダルプランナー検定1級について

難易度が高い1級は、下記の4点を重視した実務レベルの問題が多く出題されます。

①日本のブライダルにおける見積もりや進行などの実務
②欧米のブライダルにおける3大宗教・宗派の挙式の慣習
③ブライダルに関わるプロとしての接客・応対・営業スキルの認識や能力
④記述問題

■試験時間
120分

■試験方式
マークシート方式、記述式

■合格基準
原則として正答率7割以上を合格とします。
※試験の難易度によって変動する場合があります。

■出題範囲
・コーディネートの知識
・実務上での新規顧客・決定顧客へのさまざまな対応
・準備能力
・見積作成などのプランニング能力
・欧米ウェディングの体系的な流れやウェディング・パーティー各人の役割
・欧米での各宗教、宗教観に根付いたセレモニーの進行
・それぞれの慣習の理解
・日欧米共通の求められる人材像としての接客応対
・文章、言葉遣いなどの総合的能力

ブライダルプランナー検定2級について

2級では、日本および欧米のブライダルに関する基礎知識が中心に問われます。
詳細は以下の通りです。

■試験時間
90分

■試験方式
マークシート方式

■合格基準
原則として正答率7割以上を合格とします。
※試験の難易度によって変動する場合があります。

■出題範囲
・日本における神前、教会、人前挙式それぞれの基礎知識
・コーディネート分野の知識としての衣裳・フラワーなどの関連業務に関する知識
・欧米でのリハーサル・ウェディング
・欧米でのウェディング当日のセレモニーやレセプションまでの流れ
・ウェディング・パーティー各人の役割
・欧米ブライダル・プランナーの業務に関する知識
フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です