フォトマスター検定について

フォトマスター検定とは、写真とカメラに関する実用的な知識の習得と写真を作品として創り出す力の向上を目的として実施される検定試験です。なお、この資格は民間資格となります。

カメラブームによって写真愛好家が増えている今、趣味をより楽しむために受験する人が増えています。また、資格取得を通して培ったスキルを仕事に活かすことも可能です。有資格者の中には、カメラの販売に携わるほか、編集やデザイン、マスコミ業界などで活躍している人もいます。

1級・準1級・2級・3級と細かく階級が設けられているので、少しずつステップアップを楽しむこともできます。

フォトマスター検定の資格階級について

フォトマスター検定には、全部で5つの階級が設けられています。

■フォトマスター3級
カメラや写真を楽しむための、基本的な知識や技能を有することを証明する資格です。
フォトマスター検定を受験する際は、3級から受験するのがおすすめとされています。

■フォトマスター2級
一般的~中程度の知識や技法が身につく資格です。写真やカメラを楽しむために受験する人が多くみられます。

■フォトマスター準1級
ここからは上級者と呼ばれるレベルの知識や技能を身につけたことを証明する資格となります。下位資格と比べると大きく差をつけたステップアップとなります。

■フォトマスター1級
カメラや写真に関する全般的な実用知識から撮影技法まで幅広く修得していることを証明する資格です。

■フォトマスターEX
フォトマスター1級合格者のみが受験できる、達人レベルの資格です。高度な実用知識はもちろんのこと、活動実績、指導力なども問われます。検定試験の実施方法もほかの階級と異なります。詳細はこちらをご確認ください。

フォトマスター検定の応募要項について

フォトマスターEXをのぞく階級であれば、受験資格に制限はありません。また、連続した階級であれば併願も可能となっています。試験の概要は以下の通りです。

■試験日程
11月中旬ごろ

■申込期限
9月下旬ごろ

■受験料(税込)
3級:3,900円
2級:5,100円
準1級:6,200円
1級:7,000円

※併願の場合は両方の階級の金額を合計したものが受験料となります。

■合格発表日
試験日の約1か月後

■お問い合わせ
フォトマスター検定事務局
〒169-0075東京都新宿区高田馬場4-2-38
公益財団法人 国際文化カレッジ

TEL:03-3361-2505 FAX:03-3367-3114
※受付時間は土日祝を除く9:00~17:30

フォトマスター検定の試験内容について

フォトマスター検定は、マークシート方式で実施されます。問題の形式は正誤問題や三択問題、別紙図版用紙を見ながら解答する設問などさまざまです。出題内容は1級~3級共通で下記の通りとなりますが、出題数は異なります。

■出題内容
・撮影方法
・撮影技法
・カメラのメカニズム
・レンズ等の光学問題
・露出の決定方法
・撮影周辺機器、機材
・ライティング
・被写体に関する知識
・関連法規
・マナー
・写真史
・写真家
・プリンターに関して
・デジタルカメラ関連
・フォトレタッチ関連
・フィルムカメラ関連など

■出題数
3級:60問
2級:60問
準1級:70問
1級:80問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です